窓越しに、中に入りたそうに見つめる猫。

同情して建物に入れてあげたくなるところですが、横の張り紙にはベトナム語で「このオス猫を入れてはいけない」と書かれてあるそうです。

どんな理由で禁止になったのかというと……。

 

This is so funny.


「学生はこのオス猫のためにドアを開けてはいけません。この寮内にいるメス猫10匹以上が妊娠しています」

ぐはっ!

精力絶倫な猫だったのでした。

とても愛くるしい目でこっちを見ています。これはドアをつい開けてしまうというもの。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「子どもに会う権利をとるなんて出来ない!」

↑基本的な人権は人のためのものなんだ。

↑間違いなく彼は子どもを探してはいない。

●疑いを持ったので調べてみた。
[画像を見る]

↑かなり近い翻訳だった。

●この猫は絶倫。

↑これを見る前から知ってた。

●いったいどこの言語? その言語では、猫のことを“meo”というの?

↑ベトナム人だけど、猫は“meo”と言うよ。

↑もう英語でも、猫をミャオと呼ぼう。

●猫に不妊手術をしようよ。

↑ベトナムだぞ、そんなことは考えもしない。

●入れてあげたらどうだい? 妊娠中なら妊娠させられないだろう。


生命力にあふれるオス猫だったのでした。

【とある建物に「このオス猫を入れてはいけない」の張り紙…いったいなぜ?】を全て見る