U-KISSの4月20日から名古屋を皮切りにスタートした3ヶ所8公演のツアー「U-KISS PREMIUM LIVE -KEVIN’S GRADUATION-」が25日神奈川県民ホールでファイナルを迎えた。

この日で6人が揃うステージは最後ということもあり、会場は満席。立ち見客まで出るほど会場は埋め尽くされていた。


オープニング映像が流れメンバーが登場するとファンからは割れんばかりの歓声が起きた。日本デビュー曲『Tick Tack』からスタートすると、3月にリリースしたアルバム『U-KISS solo&unit ALBUM』から『All of Tonight』、『Play Back(JUN version)』、『DAMN!!』、『One Call Away』と続けてユニット曲を披露。そして、ケビンをメインにしたコラボレーションパートに突入すると、『Take Me Away』をフンと、『Baby, Touch Me』をイライと、『DON’T BREAK US DOWN feat. JUN』をジュンと、『Remember』をスヒョンと、『Orion』をキソプ&スヒョン&フンと、メンバーそれぞれがケビンとともに思い出の曲を歌い上げた。

今回のライブのために急遽レコーディングされた6人最後の新曲『Only Ever Yours』では、「いろんな意味が込められた曲であり、今日この日のための曲だと思っています。」とリーダー・スヒョンが紹介し歌い始めたものの、涙をこらえきれないメンバーの姿に会場からは「頑張って!」と声援が送られた。

MCでは、最近ハマっているというお笑い芸人・ブルゾンちえみのネタをジュンとケビンが披露し、会場は笑いの渦に包まれたりと笑いあり、涙ありのU-KISSらしいライブであった。

アンコールでは、ファンとスタッフからケビンへのコメントを集めたサプライズ映像が流れ、驚いているケビンに、スヒョンから花束が贈られた。ケビンは、「今日は僕の卒業ライブに来てくれてありがとうございます。メンバー、スタッフ、そしていつも応援してくれているKISSme(ファン)のおかげでここまでこれたと思います。今まで本当にありがとうございました。」と涙ながらに感謝の気持ちを述べた。そんなケビンに、「一度家族になったら、ずっと家族です。」とエールを送るイライに会場からは拍手がおくられた。

スヒョンは、「ケビンが卒業すると聞いたとき、正直本当に辛かった。このことをKISSmeに伝えるのも不安だったし、辛い思いをさせたと思う。それでもこうして僕たちの傍にいてくれて本当に感謝しています。」と改めてファンへの気持ちを伝えた。続けて、「U-KISSはこれからもずっと続きます。末っ子としてもっと頑張っていきます。」(ジュン)、「ケビンの分まで頑張るので、僕たちの傍にいてください。」(キソプ)、「U-KISSもケビンもそれぞれお互いの道を歩むけれど、その道の先にはKISSmeがいると思う。必ず繋がっているからこれからも応援してください。」(フン)と、それぞれの気持ちを述べ、この日だけ特別にアンコールで追加された曲『Lots of love』を最後に歌い、感動に包まれたまま幕を閉じた。会場からは終演後も鳴り止まない拍手がおくられた。

昨日の夜公演の模様は6月に衛星劇場にて放送されることが決定した。放送は、6月10日(土)深夜1:00〜予定。また、6人最後の新曲『Only Ever Yours』も4月26日より配信されるのでこちらも是非チェックしてほしい。