妊娠中の食生活が胎児へ大きな影響を与えることはみなさんご存知のとおり。胎児への影響が大きいからこそ、食べていいものや食べてはいけないものの知識は重要となります。晩酌が日課になっている女性が増えているようですが、妊娠中の飲酒が胎児へ与える影響についてご存知でしょうか?少しくらいいいや、と思っていたら後で後悔することになるかもしれません。アルコールが胎児に与える影響についてしっかり確認しておきましょう。

妊娠中の飲酒は胎児に障害を与えるリスクを高める

妊娠中に母親が飲酒することにより、胎児は「胎児性アルコール症候群」を発症してしまう危険性があります。胎児性アルコール症候群とは、妊娠中の母親が摂取したアルコールにより、胎児の発育が遅れ、奇形が生じたり、言語や学習能力に障害が生じてしまったりする症状のことです。飲酒量が多い人ほど、胎児が胎児性アルコール症候群を発症する頻度が高いことも確認されています。

このように、妊娠中の飲酒は胎児へ明らかに悪い影響を与えてしまうことがわかります。しかし、どれくらい飲んだらどんな影響があるか、という断定や数値化はされておらず、個人差も大きい問題です。ですから赤ちゃんへのリスクを取り除きたいと考えるのであれば、妊娠中はきっぱり禁酒すべきです。

少量の飲酒でも胎児に影響を与えるの?

でもお酒が好きな女性にとっては、少量の飲酒でも影響があるのか、飲んでも問題ない摂取量などは定められていないのか、などいった点が気になるところ。残念ながら、妊娠中のアルコール摂取の許容量や安全量といったものは現在まだ確立されていません。確実なデータはありませんが、今までの統計により、どれほどの飲酒でどれほど胎児へ影響が出たか、というデータなら確認されています。

それによると1杯未満なら影響は少ない、6杯以上なら奇形の発生が明らかに高まる、8杯以上なら胎児性アルコール症候群となる確率が30%〜50%、というもの。ちなみにアルコール1杯の目安は、【ビール】350ml / 【日本酒】コップ半分 / 【ワイン】グラス1杯 となっています。

妊娠に気づいていないときの飲酒にも注意

お酒を飲む習慣のある妊婦の方の多くは、自分が妊娠していると知らないまま飲酒してしまっていたと語っています。特に妊娠初期は自分の妊娠に気づいていないことが多いので、どうしてもお酒を飲んでいる時期と妊娠期が被りやすいのです。

もしそれも避けたいと考えるのであれば、妊娠を考えた時点でお酒とさよならしましょう。早めに禁酒すれば、胎児への影響リスクを最小限にとどめることができます。これから妊娠を予定している方は、万全な状態で、元気で健やかな赤ちゃんを迎えてくださいね。


writer:サプリ編集部