ガンバ大阪のDF丹羽大輝。場数を踏むことの重要性を強調していた【写真:工藤明日香】

写真拡大 (全2枚)

「いかに失点シーンに絡めるかが、いい選手になれる条件のひとつ」

 サッカー選手の旬の時期は人ぞれぞれ。若くして豊かな才能を満開にする花があれば、辛抱強く力を蓄え、やがて咲かせる大輪の花もある。後者は、いかにしてプロの厳しい生存競争をくぐり抜け、脚光を浴びるに至ったのか。のちの躍進につながるターニングポイントに興味津々だ。第3回はガンバ大阪の丹羽大輝選手にご登場願った。丹羽は各年代の日本代表に選出されながら、フル代表デビューは29歳と遅い。J2で濃密な経験を積み、やがてG大阪の最終ラインに欠かせないプレーヤーとなった。折れない心の秘密に迫る。【後編】(取材・文:海江田哲朗)

----------

――徳島ヴォルティス、大宮アルディージャ、アビスパ福岡に計5年間のレンタル移籍を経て、2012年ガンバ大阪に復帰。これまでの経験を糧に、いよいよ実りの季節を迎えます。

「自分が経験したこと、頭で考えてきたこと、すべての歯車がガシャンと合った感じ。良いことも悪いことも全部含めて。僕はそれらをはっきりと憶えてるんですよ。忘れることがない。

 失点に絡んだ事実は、試合中は忘れなければダメですけど、試合後は自分の中に留めておかなければいけない。分析し、なぜ防げなかったのか原因を突き止めないと、また同じミスを繰り返す」

――経験を血肉化させる仕上げの作業。

「若いセンターバックやゴールキーパーが難しいとされるのは、やはりそこの問題なんですね。逆説的に言えば、いかに失点シーンに絡めるかが、いい選手になれる条件のひとつということ。

 場数を踏んだ経験豊富な選手ほど、相手の攻撃を防ぐバリエーションを多く持てる。より適切な解決方法を探し当てられる。守備の選手が年齢を重ねるにつれて安定度が増し、チームを助けられるようになるのはそういうこと。分析をして、自分の中に取り込まないといい選手にはなれない」

――試合後は映像をじっくり見る?

「サッカーしか見ないですからね。それか子どもと一緒に見る教育番組」

――ストイック。

「好きなだけです。ストイックとは思わない。僕は遠征先のホテルで、テレビのリモコンを持ったことが一度もない。iPadでJリーグや海外の試合を見てる。あとは、たまに映画は見るか」

――2011シーズン、ボコボコにされてJ2に降格した福岡のときも?

「当然。自分が最大限の努力をして起こったことは確実にプラスになる。僕の場合は、アプローチをやり切った自負があるから、結果が出なかったとしても選択に後悔はない。福岡には4年弱お世話になって、途中、ガンバに帰る選択肢があるにはあったんですが、そのとき僕は残ることを選んだ。考えた末だったんで、選び取った道に悔いはないです」

バックパスのミスがゴールにつながったCS。LINEの通知が大変なことに

――2015年、Jリーグチャンピオンシップ準決勝の浦和レッズ戦。丹羽選手のバックパスが発端となり、ポストに当たってゴールにつながるびっくり仰天のプレーがありましたよね。この人だから、あれが世に生まれたのではないかという気がしてきました。

「試合後、僕がメディアの前で最初に言ったのは『サッカーの神様いましたね』という言葉。あの発言の意味を説明させてもらうと、これまで僕はサッカーを一度たりともバカにしたことがないんです。サッカーが大好きで、ありったけの敬意を捧げています。サッカーが自分の人生を変えてくれて、いろんな人に出会わせてくれた。

 ふだんは冗談ばかり言ってますが、サッカーに対しては真摯に向き合ってきた。ボールの軌道が10センチ内側だったらオウンゴールです。少しだけ外側だったから、ゴールにつながった。つくづく、思いましたね。サッカーの神様は見ていてくれたんやと」

――テレビの前で爆笑しましたよ。チームメイトからは盛大にいじられたでしょう。

「チームメイトどころか、誰からもいじられ放題。LINEが初の300件超えですよ。三冠を獲った年でも100件と少しだったのに。ロッカールームで着替えてたら、スマホがどえらいことになってて、返信がほんま大変でした」

――丹羽選手の人格形成に関与したものに興味があります。主たるひとつは生育環境でしょうね。

「親の教育と、あとは出会った人々ですね。僕は人が好きなんです。多方面のジャンルの方と知り合うのが好き。日本社会全体からすれば、サッカーはほんの小さな世界。一歩外に踏み出せば、野球、ラグビー、経営者、飲食業、多種多様な世界がある。もし自分がその世界のノウハウを得られれば、結果としてサッカーにつながります」

――友だちは多い?

「おそらくどのサッカー選手より多いのでは。他業種の人たちがほとんどです」

――自分の知らない世界を覗いてみたい?

「それが楽しいんですよ」

――お寿司屋さんで大将と話しているのが目に浮かびます。

「大好きですね。カウンターに座って、マンツーマンで話し込むことがよくあります。ひとり焼肉も平気。店員さんと仲よくなって、こういう考え方があるんやなと勉強になる」

――いかにも人好きしそう。好奇心旺盛。

「塊ですね。僕は自分のことをマグロやと思ってるんで」

――止まったら死ぬ。

「はい、泳ぎ続けないとダメ」

「疲れるというのは誰が決めたのか」

――何をいまさらなんですが、このシリーズのテーマは選手のキャリアにおけるターニングポイントなんです。

「毎年、毎月、毎日がターニングポイント。今日だってそうかもしれない。この出会いが成長するきっかけになりえる。僕の描いた絵を見て、とある画家の方が『このサッカー選手はヤバい。おれが絵を教えてあげなければ』と話が来ないとも限らない。何があるかわからんのが人生です」

――あの、疲れないですか? その生き方。

「疲れないですよ。昨シーズンも120分ゲームをやりましたが、全然疲れてない。疲れるというのは誰が決めたのか。そういう話です」

――えっ、どういう話?

「先ほど、おっしゃいましたよね。日々、考えることだらけで疲れないんですか? と。人間は、死ぬまでに脳みそを全部使いきることができないと言われているんですよ。まだ余裕があるのに、僕の脳みそが疲れるわけがない。もっともっと使ってあげなあかん。

 これだけ考えたら疲れる。90分走り続けたら疲れるとかって、ほかの人たちが勝手に言っていることであって、自分が感じないならそれでいい。僕は90分プレーしても全然疲れてない。連戦も平気です。中2、3日の7連戦でも疲れなんてない」

――今日は身体が重いな、キレがいまいちだと感じることは?

「ありますね」

――あるんかいな。

「それは受け入れます。今日はコンディションが良くない。素直に認める。反発しない。理解したうえで、自分にできる最高のプレーをする。ただし、90分終わったあとの疲労感はまったくない。疲労を回復させるための睡眠時間だってね」

――はい。

「適正睡眠時間ってあるやないですか。7、8時間とか。あれはそう言われるから、思い込んでいるだけ。人によっては2時間かもしれない。人間はそういう生き物です」

――ついつい既成概念に囚われる。

「本来は自分の経験をもとに、生きるべきです」

――ということは、丹羽選手は睡眠時間を決めていない。

「眠くなったら寝て、起きたいときに起きる。それが僕の適正睡眠時間。試合の日、就寝が遅くなって、4時間しか寝られないとします。そこで、4時間しか寝られないと思うのか、4時間も寝られると思うのか」

――心持ち次第だと。

「そのとおり。そもそも、僕はこれが厄介だと思ってるんですよ」

――スマホ。

「いいようで悪い。さとり世代と言われる若者たちは、みんな持ってますよね。僕は断じて否定したい。おまえら、何をさとってんねんと。何も経験してないのに。これなんですよ。これがあるからさとる。なんでも調べられ、経験した錯覚を覚える。実際は経験の裏付けがないペラペラの知識」

29歳での代表デビュー。一日でも早く入りたかった

――丹羽選手、話の振り幅がえぐいです。もう振り回されっぱなし。

「まだまだ、こんなものではないですよ」

――冒頭の代表入りに話を戻しますね。29歳の代表デビューは遅咲きに違いありません。

「一日でも早く入りたかった。その気持ちはありましたけど、自分にできるのはやるべきことを続けることだけ。J2で実績を残し、J1で活躍する。その延長線上に代表はあり、結果はあとから付いてくるだろうと」

――付いてきましたよ。一時期、盛んに言われたデュエルにはもってこいの選手として。

「僕の考えを言わしてもらっていいですか? 皆さん、デュエル、デュエル言いますけど、ごく当たり前のことですよね。子どもの頃からサッカーをやってきて、勝つチーム、優勝するチームは球際の争いを制する。そこで競り負けては試合に勝てないんですから。監督は強調するために言い続け、マスコミの方があやかって報じているだけの話でしょ」

――ハリルホジッチ監督の特徴的なことは?

「なんやろうな。どの選手にも厳しく、思ったことを言う。本音で語る。最近、僕は代表から離れているので聞いた話ですが、あれだけ長かったミーティングの時間が短くなっているとか。

 最初は考えを植えつけるために長くやったんでしょう。以前はスケジュールなんかお構いなしで、ヒートアップして時間をオーバーしていました。そのへんが平気な感覚は日本人監督にはないところですね。あとは食事のスタイル」

――おなじみの円テーブルではないんですよね。

「長テーブルで、監督はお誕生日席に座り、選手全員を視野に入れている。ずっと見てますよ。たまに監督のほうに目を向けると、バッチンと視線がぶつかる」

――気詰まりではありませんか?

「慣れました。そうして選手を観察し、何らかの材料を得ているんでしょうね。そういう監督です」

取り戻したサッカーを楽しむ感覚。プロならではの難しさ

――丹羽選手は31歳。脂がのりにのって、熟成に近づきそうな頃合いです。

「近頃ね、ちょっと面白い感覚が戻ってきたんですよ。子ども時代、遊びのサッカーから始まり、プロになってサッカーが仕事になった。大好きな気持ちは変わらず持ち続けつつも、職業がサッカー選手に。それがプロでさまざまな経験をして、仕事ではあるんですが、遊びの感覚でサッカーができるようになってきた」

――いい意味で余裕が出てきた。

「余裕ではなく、純粋にサッカーを楽しむ感覚。遊んでいるときは何も気にしないじゃないですか。ボールを蹴りたいから蹴る。ゴールを決めたいからシュートを打つ。勝ちたいから走る」

――本能だ。

「プロになってからはいろいろと気にして、本質的な部分を忘れかけてた。試合に出ないといけない。勝たないといけない。レギュラーの座を奪われるとクビになる。それらが頭から消えて、純粋にサッカーができる喜びに再び気づいた」

――いいですね、それ。

「その感覚を取り戻して、ボンと一段上がった気がします。若い選手、これからプロを目指す選手にも気づいてほしいなあ。みんな最初は持っているんですよ。でも、いつの間にか抜け落ちてしまう。1年でも長くプレーしたい、代表に入って自分の価値を上げたい、年俸を上げたいとか考えるようになって。

そういった思いを取っ払ったとき、本来の自分のプレーができる。ああ、おれってこんな選手やったな。こういう楽しみ方を知ってたな。子どもの頃の感覚が甦ってくる。だから、ここ数年の僕は心の底からサッカーを楽しめてなかったんですね。いまは心躍るような気持ちでサッカーができています。どうしようもなく踊っちゃってるんですよ」

――今後の丹羽選手のプレーが楽しみです。

「とにかく、いい調子。今年もいろんなことあるだろうけど、この感覚さえあればどんなことが起きても大丈夫だと思います」

(取材・文:海江田哲朗)

text by 海江田哲朗