R&AとUSGAは25日にルールにおける新たな裁定となる34-3/10を追加した。
ビデオ検証の採用を制限する内容で「肉眼ではわからない程度の事象」や、「プレーヤーが合理的な判断で決定したこと」がビデオによりルール違反が判明しても、それを採用しない裁定を下すことができるというもの。
ラウンド中に4罰打を科されて涙を浮かべながらプレーするレクシー
今年の米国女子メジャー「ANAインスピレーション」でレクシー・トンプソン(米国)が受けた裁定は世界中で大きな議論となった。トンプソンは3日目の17番でグリーン上のマークから異なる地点でプレーしたことが視聴者からの指摘で判明。これにより誤所からのプレー(2罰打)と過少申告(2罰打)により4罰打が、1日たった最終日のラウンド中に告げられてタイトルを逃した。
これにはタイガー・ウッズ(米国)らも「視聴者は競技委員ではない」とコメントし、その意見を採用した運営側にも疑問の声が挙がっていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

タイガー・ウッズも擁護 レクシーへの罰打にプロゴルファーが反応
レクシーの悲劇は繰り返さない ペナルティ疑惑を一蹴したマスターズの英断
今週は松山英樹とタッグ 「移動にはもう慣れた」谷原秀人が描く世界転戦ツアー
【どこよりも早いスイング解説】小平智は「飛ぶ要素が詰まってる」スイング
残りは7試合…苦戦続く石川遼の現在地 残り必要ポイントは?