映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの俳優クリス・プラットが、ファンと写真を撮らない理由を語った。

クリスは「Cigar Aficionado」誌に、「僕はいつもかなり敬意を表すし、時の流れに任せる男だよ。でも今は、自分の時間を節約しなくちゃいけないんだ。もし、僕が出かけて、普通のことをしたいなら、人々をがっかりさせることに気楽にならなくてはいけないよ。だから、人々と写真を撮らないんだ。なぜなら、その瞬間をたのしむことではなくて、その瞬間を盗んであとから自慢することだからだよ。僕は『握手でいいかい?』って言うんだ。彼らは結局写真を撮るけどね」と語っている。

出かけるたびにファンと写真を撮っていたら、キリがないに違いない。クリスは自分の時間を大切にするためにも写真撮影を断るしかないようだ。

人気俳優のクリス・プラット (c)Imagecollect.