ピエール=オーギュスト・ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」

2017年4月26日(水)から5月8日(月)まで、大丸札幌店 7F ホールにて「オルセー美術館 至宝のリマスターアート展」が開催される。フランス国立オルセー美術館の公式認定のもとで開催される展覧会。ジャン=フランソワ・ミレー(1814〜1875年)の三大名画(落穂拾い / 晩鐘 / 羊飼いの少女)をはじめ、教科書で見るような有名絵画など約60点の傑作の復原画が展示される。「リマスターアート」は、3D画像解析技術で原画を直接解析し、ダイナミックな筆さばきや絵の具のタッチまでも忠実に再現した復原画のこと。本展に展示される作品では、色相 / 彩度 / 明度に3Dの質感表現を含めた統合的な画像処理のほか、オルセー美術館内での学芸員との綿密な検討も経て、限りなく原画に忠実な色彩が実現された。ペンライトで照らしながらルーペで細部まで鑑賞したり、写真撮影をしたりと、名画を身近に感じられるような「リマスターアート」ならではの楽しみ方もできる。入場料は一般1000円 / 小・中学生800円で、小学生未満は無料。開場時間は10:00〜20:00で、最終日は17:00閉場、4月28日(金)〜4月29日(土・祝)と5月3日(水・祝)〜5月6日(土)は20:30閉場となる(いずれも入場は閉場30分前まで)。

ジャン=フランソワ・ミレー「落穂拾い」

エドゥアール・マネ「笛を吹く少年」

フィンセント・ファン・ゴッホ「自画像」

■期間:
2017年4月26日(水)〜5月8日(月)

■開催場所:
大丸札幌店 7F ホール
北海道札幌市中央区北5条西4-7

■問い合わせ先:
大丸札幌店
tel. 011-828-1111(代表)
url. http://www.daimaru.co.jp/sapporo/