Inc.:コワーキングが流行っています。多様なプロフェッショナルが空間を共有して働くというアイデアは、まだ新しいアイデアではあるものの、明らかに浸透が進んでいます。

フリーランサーやリモートワーカーの増加、さらには大企業でもコワーキングへの賛同が増えていることから、世界中でコワーキングスペースが増殖を続けており、過去5年で1000カ所から1万1000カ所になったとも言われています。

ムーブメント全体としてはいいニュースですが、コワーキングスペースに行ってみようと思っている人や、経営している人にとっては問題が生じています。そこで、双方の問題を解決する新しいツールが出現しました。

コワーカー志望者向けのゲートウェイ・ドラッグ


独立系スペースのオーナーにとって、コワーキングスペース業界が好調なのは諸刃の剣です。認知が進めば潜在顧客が増えますが、コワーキングへの関心が高まれば、「Regus」や「WeWork」といった大手競合の注目も高まります。個人経営の小規模スペースにとって、大手との戦いは消耗戦になるでしょう。

コワーキング志望者にとっては、このように選択肢が増えるのは明らかにいいことです。でも、多種多様なスペースがあると、どれを選んでいいやら迷ってしまいますよね。悪いことではありませんが、問題は問題です。

そこで、「Deskpass」の出番です。現在シカゴ、ロサンゼルス、デンバーに展開するDeskpassは、コワーカー志望者のライフスタイルや好みに応じて、コワーキングスペースをマッチングするサービスを提供しています。

「コワーキングのクラスパス」と自称する通り、Deskpassのメンバーは80以上の個人経営スペースを、プランに応じて月に決まった回数利用できます(49ドルで4回、199ドルで平日無制限)。そして、Deskpassはテックに精通したミレニアル世代やデジタルノマドだけを相手にしているのではありません。大企業が従業員をメンバーにすべく、お金を払う意思があることを発見しているのです。

アイデアとしては、コワーキングのゲートウェイドラッグとしてこのワークスタイルをお試しで提供し、どんなスペースやメンバーシップが必要かを知ってもらうことです。そして、最終的には契約に至ってほしいというのが願いです(その他の中毒性のある習慣とは異なり、コワーキングは幸福度を高めることがわかっています)。


電話帳を見てスペースを1つだけ探すのとは異なります。ユーザーは必要な日に予約を入れて、そこに行くだけでOK。彼らは、80以上のスペースに通うことができるのです。


スペースのオーナーにとっても、新しい人をコワーキングに導くこのサービスは魅力的です。競合が増える中、彼らは気づいてもらうのに必死なのです。

小規模な個人経営のスペースにとって、従来のマーケティングで競争を勝ち抜くのは容易ではありません。今や彼らは、多くのお金を持つ抜け目のないマーケターを相手にしています。Deskpassは、貴重な新メンバー源であることが実証されています。


Thinking About Trying Coworking? Test Out the Idea With "Classpass for Coworking" rel="nofolllow" target="_blank" | Inc.

Jessica Stillman(訳:堀込泰三)