お手軽施工でウインドウの雨粒を強力に弾く!

クリンビュー ガラスコート プロテクトガード

雨の日のドライブで視界が悪いと、神経を使ってとても疲れる。もちろん安全の面でも、視界が悪くていいことなんてひとつもない。そんな雨の日の視界を確保してくれるのが、フロントウインドウの撥水である。しかしこれが意外と手間がかかる作業なのだ。

そんな手間のかかる撥水施工を簡単にしたのが、今回紹介するクリンビューの『ガラスコート プロテクトガード』である。


作業はいたって簡単。洗車したあとに、シュッとスプレーし、付属の専用クロスで塗り込むだけ。「そんな簡単に……」と思うかもしれない。事実、試してみるまではそんなにカンタンすぎていいの? と思ったほど。

さて作業は簡単だが、その効果たるや見事なもの。フッ素が配合されたコーティング剤が、フロントガラスに密着して強固な被膜を形成。ガラスに付着した水は球状になって、気持ちいいほどコロコロと弾かれていく。撥水効果はもちろん、油膜や頑固な汚れが固着するのも防止できる。


しかも塗り重ねるたびに被膜は強くなり、2、3回重ね塗りした場合、効果は12カ月も持続するというのだから驚きだ。ちなみに重ね塗りする場合は、前回の散布から12時間以上経過してから行うようにするとのこと。


1本でフロントガラス8から10枚の施工が可能な容量なので、重ね塗りして効果が持続することを考えれば3年も使えるということ。

また、施工を忘たまま、急に出先で雨! そんなシチュエーションに備えて用意しておきたいのが、『クリンビュー ガラスコート 瞬速撥水パワフルスプレー』だ。

雨が降っていてもフロントガラスにスプレーして、ワイパーを動かせばそれで撥水効果が得られるというアイテム。スプレーの噴射力が強く、運転席の窓から手を伸ばせばフロントガラス全面に散布できるというから、作業性も抜群。

もちろん晴れた日にも使うことができ、その場合はフロントガラスに吹き付けたあと、水で濡らしたタオルを固く絞って拭き取ればコーティングが定着して、効果が持続するという。また、撥水のみならず、汚れの付着防止にも効果があるとのことだ。

こうしたアイテムで作業をしておけば、雨の日も安全、快適にドライブできるというものだ。

【詳しくはこちら】

イチネンケミカルズ
☎03・5446・3142
http://www.ichinen-chem.co.jp