「好きな人との距離を縮めたいけど、どうしたらいいの?」とお悩みの女性の皆さん。気になる男性と近づくためには、相談事を持ちかけるのが最短の近道なんです。

今回は、気になる彼との距離を縮めるモテテクをご紹介します♡

相談から仲を深めて 内容は軽すぎず重すぎないものを



気になる男性と距離を縮めたければ、いろんなことを相談できる関係性になるのがベスト。
実際に相談をする時は、まずほどよい内容を考えましょう。
あまりにも軽すぎる内容だと「そんなこといちいち聞く?」と感じる男性もいます。反対に重すぎる内容だと「俺に言われても」と相手を困らせてしまうことも。

軽すぎず重すぎない、答えやすい質問で、かつ自分が悩んでいる内容を考えてみてください。

具体的にはどんなことを相談するのがいいの?
具体的な相談の内容は、相手の男性が答えやすい「仕事」や「人間関係」についてがおすすめです。「最近仕事でミスしちゃって」や「人間関係に悩んでいて」という感じで、相手も経験したことがありそうな悩み事を相談します。

相談する時には悩みがグチっぽくならないように、言葉を選ぶようにしてくださいね。

「〇〇君ならどう思う?」と気になる彼の意見を聞いてみる



相談内容をひととおり話したら、次は「〇〇君ならどう思う?」と相手の男性の考え方を聞いてみます。相手の意見や考えを聞くことが重要なので、聞き方は「〇〇君ならどうしてた?」などでもOKです。

否定されたら「〇〇君がそう言うならそうなのかも」
相手の考えを聞いた後であなたの考えを否定されたら、「〇〇君がそう言うならそうなのかもしれないね」と男性の考えを受け入れます。こう口にすることで、彼に対してあなたが強い信頼を感じていることが伝わりますよね。

ただし言い方を間違えると卑屈っぽく聞こえてしまうこともあるので、あくまでもプラスの印象で受け取ったことがわかるような口調を意識してください。

肯定されたら「〇〇君ならそう言ってくれると思った」
相手の男性があなたの考えや行動を肯定してくれたら、「〇〇君ならそう言ってくれると思った」と同じ考えを持っていることを喜びましょう。

この反応は相手の男性に「共通意識」を感じさせるので、なんとなく親密になったような気にさせることができます。

「やっぱり〇〇君に相談して良かった」と彼に特別感を与えて



相談が済んだら、「やっぱり〇〇君に相談して良かった」と笑顔で伝えましょう。「やっぱり」というワードを使うことで、自分を信頼して、選んで相談してくれたという特別感を与えることができるのです。

信頼感は連鎖する
自分を信頼してくれている人に対しては、自分からの信頼も強まるもの。気になる彼からあなたに対しても、きっと信頼感が増しているはずですよ。

最後は「また相談しても良い?」


相談が終わってそろそろ……という雰囲気になったら、最後は「また何かあったら相談しても良い?」と質問します。男性は女性から頼られることが好きなので、こう言われると「いつでも相談してよ」と言ってしまうものなのです。

いつでもと言われると今後話しかけやすくなりますし、ただの同僚や女友達から「相談相手」というランクに一歩ステップアップできますね。

相談を持ちかけて上手な対応をするだけで、2人の距離はぐっと縮まるはず。距離を縮めたいけどどうしたら縮められるの、とお悩みの女性は、まず相談相手にステップアップするところから始めてみてくださいね。
(Yuzuko)