2017年秋に発売されるiPhoneは、「iPhone8」と「iPhone8 Plus」の2モデルになる、と中国のテクノロジーメディアMIC Gadgetが伝えています。

「iPhone8」と「iPhone8 Plus」の2モデル?

初代iPhone発売から10周年にあたる2017年は、記念モデル「iPhone8 (あるいはiPhone Edition)」と、現行モデルのアップデート版「iPhone7s」「iPhone7s Plus」の計3モデルが併売される、という予測がこれまで支配的でした。
 
しかし、MIC GadgetはApple最大のサプライヤーFoxconnに勤務する人物から得た情報として、今年発売されるiPhoneは3モデルではなく2モデルになる、と主張しています。
 
同メディアによると、「iPhone8」と「iPhone8 Plus」は、どちらも有機EL(OLED)ディスプレイとデュアルカメラを搭載する、とのことです。

米メディアは懐疑的

米メディアMacRumorsは、過去の実績から、必ずしもMIC Gadgetの伝える情報の精度が高くないことに加えて、発表まで半年を切ったこの時期に、これまでの情報と異なる情報がサプライチェーン筋から出てくる可能性は低い、として今回の報道に懐疑的です。
 
従来のモデルチェンジサイクルの法則から外れて、外観デザインを刷新した5.8インチディスプレイ搭載の「iPhone8」が2017年に出る、との説は、Apple関連情報の精度の高さで定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が2016年3月に発表した予測が発端となっています。
 
しかし、いずれもAppleからの公式情報ではなく、確実なものとは言えません。9月と予測される発表まで、様々な噂が飛び交う時期が続きそうです。

 
 
Source:MIC Gadget, Mac Rumors
Photo:iDrop News

(hato)