在外中国人の多くが、中国にいる家族・親戚を訪問したあと米国に戻る際に、地元の特産品を持ち帰る。ある中国人女性が火鍋の調味料を米国に持ち込もうとしたところ、米国税関に没収された。写真は火鍋。

写真拡大

在外中国人の多くが、中国にいる家族・親戚を訪問したあと米国に戻る際に、地元の特産品を持ち帰る。ある中国人女性が火鍋の調味料を米国に持ち込もうとしたところ、米国税関に没収された。税関は、没収した理由として、「調味料に入っているチキンコンソメは動物製品だから」としている。実物の動物とは関係がないが、商品名やパッケージに動物のイラストや文字が表示されていたことから没収の対象となったケースは、かなり多いとみられる。米華字紙「世界日報」の報道を引用して中国僑網が伝えた。

在外中国人の張さんは、米国入国時、税関の検査員にスーツケースの中身を調べられた。もともと彼女は、自分の荷物に持込が禁止されている品物など無いと思っていたため、税関検査について全く心配などしていなかった。ところが、予想外にも、故郷から持ち帰ろうとした火鍋の調味料5袋が税関検査で引っかかった。そして検査員は、「調味料に含まれているチキンコンソメは動物由来のもので、米国への持ち込みは許されていないため、すべて没収しなければならない」と彼女に告げた。

張さんは慌てて、「チキンコンソメは、鶏を原料として製造されたものではなく、鶏の成分は含まれていない。塩と同じく調味料の一つだ」と係員に説明した。この時、中国系の税関係員がやって来たので、張さんはこの係員に事の顛末を説明して助けを求め、中国人が日常使うチキンコンソメという調味料について理解すべきだと訴えた。だが、予想外に、この中国系の係員も、成分表示を確認したのち、「調味料には動物成分が含まれている可能性がある。当局は、現時点では成分表示から判断することしかできない。もし異議がある場合は、規定に基づき通関手続きの申請文書を税関に提出することができる。その申請が認められれば、調味料は全て持ち主に返還される」と述べた。

張さんはその後、自分でチキンコンソメについて調べた。チキンコンソメには、確かに鶏の成分は含まれておらず、化学調味料が主成分だった。チキンコンソメの成分の一つである旨味成分のヌクレオチドが、チキンの味と似ていることから、「チキンコンソメ」という商品名が付けられた。だが、輸出入業の関係者は次の通り指摘した。

「特にパッケージに動物のイラストや文字が表示されているものについては、税関は、『3000人を誤って殺してしまっても、一人も見逃すな』の方針で、まず没収してしまう。当事者はその後、通関企業に相応の説明文書を作ってもらって異議を唱えることはできる。だが、ほとんどの場合、旅客が没収された製品はそれほど高額の物ではないため、実際に税関に異議を申し立てるケースはほぼ皆無だろう」。

海外に住む中国人ネットユーザーの中には、「チキンコンソメに『鶏』の字があったため没収された」、「パッケージに虎のイラストが入っていた軟膏が動物の成分入りとして没収された」など、張さんのケースと似たような経験をした人は多い。極端な例では、多くのインスタント麺を同時に米国に持ち込もうとしたネットユーザーは、パッケージにチキンレッグのイラストが入っていた「椎茸・鶏肉ラーメン」は没収されたが、本物の牛肉が入っていた牛のイラストがない「牛肉醤油ラーメン」は税関検査をクリアしたという。(提供/人民網日本語版・編集KM)