映画『あゝ、荒野』寺山修司の小説を菅田将暉主演で - 2021年の新宿を舞台にした切なくも美しい青春

写真拡大

映画『あゝ、荒野』が公開。2017年10月7日(土)より前編、10月21(土)より後編が全国で順次上映される。主演は、菅田将暉とヤン・イクチュンの2人が務める。

寺山修司の小説『あゝ、荒野』を映画化

寺山修司が唯一遺した長編小説『あゝ、荒野』を基に映画化。カルチャーアイコンとして、現在でもなお多くの若者たちの心をとらえ続ける寺山独特の視点は残しつつ、現代に訴える要素を取り入れて再構成した。

舞台は、2021年の新宿。毎日詐欺に明け暮れる2人の青年が、ある襲撃をきっかけに、ボクシングで復讐を果たすことを決意する。大都会のネオンの荒野で繰り広げられる、向こう見ずで、脆く、そして美しい青春を描き出した。寺山だからこそ表現できる若者たち特有の鋭く繊細な感覚が、見るものに深く突き刺さる。

また、2021年という少し先の未来の設定と、激動の60年代を生きた寺山らしさ、そして新たに脚色された現代的なエッセンスが入り混ざる、ユニークな作品の背景にも注目だ。

仲間のために復讐を決意する主人公を菅田将暉

仲間のために復讐を決意する青年・新次役を演じるのは、菅田将暉。映画『溺れるナイフ』や『何者』などで、今の時代を生きる等身大の若者を見事に演じてみせる彼は、寺山の描く青年像にぴったりだ。そして、新次とともにボクシングを始める内気な青年・健二を演じるのは、韓国映画『息もできない』で世界各国の映画賞を総なめにした名優ヤン・イクチュン。

菅田はヤンとの共演について「ヤン・イクチュンって、やっぱりあぶねぇな、と思いました。もちろんいい意味で!」ヤンは菅田について「本能的に演技をする、エネルギーを感じる」とコメントしている。

その他にも、木村多江やユースケ・サンタマリアなども出演する。

写真家・森山大道がイメージビジュアルを担当

さらに、『あゝ、荒野』のイメージビジュアルを手がけたのは、生前の寺山とも親交のあった世界的写真家・森山大道。混沌とした新宿の裏通りに佇む菅田将暉とヤン・イクチュンを写したビジュアルは、作品の世界を垣間見せてくれるような1枚だ。

また、映画『あゝ、荒野』公開を記念して、寺山修司による原作本が映画版の新ビジュアルを使用した特別帯で刷新。菅田将暉、ヤン・イクチュンが力強い眼差しで登場する限定版は、6月17日(土)からの発売だ。

また主題歌は、パンクバンドBRAHMANの「今夜」に決定した。ボクシングへの情熱で心の空白を埋めようとする二人の刹那の青春を、彼らの切なげな楽曲がより一層盛り上げる。

『あゝ、荒野』作品情報

映画『あゝ、荒野』
公開日:前編 2017年10月7日(土)〜 / 後編 10月21(土)〜 全国で順次公開
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
キャスト:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア
制作・配給:スターサンズ
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

ストーリー

かつて、母に捨てられた新次(菅田将暉)は兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二らにより襲撃されてしまう。そして2021年新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。一方、同じ新宿で吃音・赤面対人恐怖症に悩む”バリカン”こと健二(ヤン・イクチュン)はいつも通り床屋のティッシュ配りをしていると、ひょんなことから新次と共に′′片目“こと堀口からボクシングジムへと誘われる。言われるがままボクシングジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレーニングを始める。新次はボクシングで裕二への復讐を果たすため。バリカンは内気な自分を捨てるため。試合を重ね、徐々に名を挙げて行く新次に対し特別な感情を抱く。


[写真付きで読む]映画『あゝ、荒野』寺山修司の小説を菅田将暉主演で - 2021年の新宿を舞台にした切なくも美しい青春

外部サイト

  • 映画『ビジランテ』監督入江悠、大森南朋・桐谷健太・鈴木浩介主演で地方都市に生きる男の人生を描く
  • 山田洋次監督作、シリーズ続編『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』ドタバタ一家に史上最大のピンチ
  • 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』阿部サダヲ×吉岡里帆、監督に三木聡