ゴールを決めた久保裕也【写真:Getty Images】

写真拡大

 ベルギー・ジュピラーリーグ優勝プレーオフ第5節が現地時間25日に行われ、日本代表FW久保裕也の所属するヘント(愛称:バッファロー)はズルテ・ワレヘムと対戦し2-0の勝利をおさめた。久保は1ゴールを決めて勝利に貢献し、ベルギー紙『walfoot』は久保の活躍を評価している。

 同紙は「ヘントはまだチャンピオンズリーグ(CL)出場の夢を見たいと思っている。試合終了後、バッファローは日本人のストライカーに感謝の気持ちを示すだろう」とし「先制点の場面、24分にサイモンを経由して調子の良い久保が胸で押し込んだ」とコメント。

 得点シーンでは、ヘントの選手と共に両手を合わせておじぎをするパフォーマンスをしていた。久保は1月25日にヤングボーイズからヘントに加入し3ヶ月ほどしか経っていないが、12試合で8ゴールを決める活躍を見せている。

text by 編集部