ナチュラルなカラコンも多く登場し、日常的に愛用しているという人も多いのでは? 一方で「そろそろカラコンに頼らず裸眼でも盛れるメイクを研究したい」という声もよく聞きます。
今回はそんなお悩みにこたえるべくおすすめポイントをご紹介します♡

空山 菜摘 / natsumi sorayamaさん(@natsumi_sorayama)がシェアした投稿 - 2017 2月 15 2:31午前 PST


カラーコンタクトに慣れている人からすると、裸眼メイクは勇気が必要ですが、今回は“大人かわいく”見えるアイメイクのポイントをご紹介していきます♡

ポイントをつかんで、裸眼メイクをマスターしよう!


少しでも目元を大きく見せたいとやってしまいがちなのが、太すぎるアイラインや明らかになじんでいない濃いまつげ。逆に裸眼であることが強調され、デカ目効果どころか小さく見えてしまいます。陰陽で凹凸をうまく作りながら“やりすぎていないのにデカ目効果”を生み出すことがポイント!

Before



使用するコスメ


左から順番に
・LUNASOL(ルナソル) スキンモデリングアイズ 02 Beige Orange
・Witch's Pouch(ウィッチズポーチ) ウィッチズフィットスティックシャドウ 05 ゴールド
・MAC(マック) パワーポイントアイペンシル スタボーンブラウン
・FLOWFUSHI(フローフシ) モテライナー リキッド ブラウン
・CANMAKE(キャンメイク) クイックラッシュカーラー
・LASH HOLIC(ラッシュホリック) エクステンションマスカラ 迫力ロング

ブラウンカラーで統一することで、深みも出しやすく、どんな人でも失敗しにくくなりますよ!

アイシャドウでしっかり凹凸を作ろう


ハイライト効果のあるアイシャドウを仕込んで!
上下まぶたに肌なじみの良いゴールド系のシャドウを塗っておくと、上から重ねるブラウンシャドウがさらに立体的に仕上がります。


『ウィッチズフィットスティックシャドウ 05 ゴールド』は密着度も高くラメ感もほど良いため、ナチュラルにハイライト効果を演出してくれるのでおすすめです♡


Witch's Pouch(ウィッチズポーチ) ウィッチズフィットスティックシャドウ 05 ゴールド / ¥972 / 屈折率の高いパールが、まぶたをどの角度からでもキレイに発色。油水分に強く、一日中密着力を弱めません。

上まぶたのシャドウは少し濃いめでも大丈夫!
凹凸を出すのに一番強力なのがアイシャドウ。今回はオレンジ系のブラウンは使用せず、万人受けのナチュラルカラーのみを使ってみました。



LUNASOL(ルナソル) スキンモデリングアイズ 02 Beige Orange / ¥3844 / 澄んだ色と光で肌そのものの美しさを際立たせるベージュを基調とした4色セットのアイカラー。モデリングハイライトが色と肌を一体化させ立体感を生み出します。

やり方
(1)明るめカラーをアイホール全体に塗ります(写真:黄色)
(2)普段は締め色に使う濃いブラウンを、二重幅より少し広めに塗ります(写真:紫)
(3)中間色を使って、境目をぼかすように塗ります。広範囲に広げすぎないように使いましょう! (写真:ピンク)



こうすることによって、ただ全体的に暗めになるのではなく、目のキワ側が濃く二重幅より外側が明るいという強弱が強めに出て、目元がハッキリしやすいんです♡



涙袋は作りすぎず、影を足す程度でOK
作りすぎがNGな裸眼メイクでは、上まぶたに使用したアイシャドウと同じ中間色を使ってさらっとなぞり、影を作る程度でOK! もともと涙袋がハッキリしている場合を除いて、薄めに仕上げることがポイントです。



下まぶたもグラデーションを意識しよう
1色ではっきり引いてしまう下まぶたのラインにも要注意! 



まずは(1)のように濃い色で引き締めつつ、(2)のように境目をぼかして、上まぶた同様グラデーション感を意識しましょう♪



アイラインとマスカラは濃すぎに注意!


ペンシル×リキッドのW使いで、美人ラインをゲット♡



(写真1)ぼかすことができ、グラデーション効果が得られるのがペンシルライナーの特徴です。アイシャドウを濃い目に入れているので、アイラインは細めにいれましょう。


MAC(マック) パワーポイントアイペンシル スタボーンブラウン / ¥2180 / ウォータープルーフのアイペンシル。ベルベットのようにやわらかなつけ心地で、鮮やかに発色。インパクトのある目元を演出するアイライナーとして、またぼかせばアイカラーとしても使用できます。
 
(写真2)目尻のアイラインは、失敗しずらくにじみにくいリキッドライナーを使います。写真のように二重の延長線上につながるように引くと、ハネすぎずタレすぎない美人ラインに仕上がります♡


FLOWFUSHI(フローフシ) モテライナー リキッド ブラウン / ¥1620 / 肌に浮かずにしっかりとなじみ、目ヂカラを優しく引き立てます。

まつげは長さとカール重視で!



アイシャドウで十分凹凸が作れるので、マスカラは長さとカールを利用して縦幅をつくるイメージで! 今回は、カールキープ力の高い『キャンメイク クイックラッシュカーラー』と、長さを出してくれる『ラッシュホリック エクステンションマスカラ 迫力ロング』を使いました。


CANMAKE(キャンメイク) クイックラッシュカーラー / ¥734 / まつ毛上がりっぱなし! カールばっちりキープでにじみブロック。

「まつげがうまく作れない」「もう少しでいいから目元をハッキリさせたい」という方は、自然な部分用のつけまつげを使用するのがおすすめです! 自然なのにデカ目効果のある『100円ショップで買えるつけまつげ』もあわせてチェックしてくださいね♡

裸眼メイクの完成♡
今回は、Can Do(キャンドゥ)のつけまつげ『01 ネコ目ナチュラル』をつけてみました。




目元の濃さとのバランスを意識して、チークやハイライト、ローライトも薄めにしています。アイシャドウもしっかり塗ってつけまつげもつけていますが、しっかり引き算もしているので、目元だけやりすぎた感は出ません♡

裸眼メイクをする時の注意ポイント! 全体の色選びが大事!


裸眼でインパクトがないからとやりがちなのが、無駄に派手にしてしまうこと。裸眼の地味な印象を払しょくするためにカラーコスメなどを取り入れて、どうしても少し派手な印象に仕上げようとしがちですが、色選びは慎重に!
無難なカラーに色モノを1点差し色として使えばオシャレさんですが、系統が違う色を使いすぎるとチグハグな印象になってしまいます……。



そんな時は、アイシャドウ・リップ・チークのカラー系統を合わせるのがポイント! 統一感が出るので、一気にメイクの質が上がったように見えますよ♡




カラーコンタクトばかり使っているとなかなか裸眼メイクに挑戦する勇気が出ませんが、シンプルなメイクでもやり方次第で十分目元は大きくみせることができます! 案外、男性ウケにはこちらの方が良いかも……♡ ぜひ一度試して、裸眼への抵抗をなくしてみてくださいね♡


(空山菜摘)