ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は4月25日、事業者がさまざまなIoT製品やWebサービスを活用してサービスを創出できるIoTプラットフォーム「myThings Developers」の正式版を提供開始した。

これにより事業者による商用利用が可能になった。第一弾として、新たなショッピング体験、シニア見守りサービスなど9社での採用が決定している。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ユーザーの利用状況に応じて課金も可能に

近年、Webサービスはスマートデバイス上における生活者のニーズに応えるさまざまなサービスを展開している。スマートロックやコミュニケーションロボットなど目的に特化したIoT製品が多数登場し、Webサービスと製品との距離が近づきつつある。

しかし、ひとつひとつのWebサービスやIoT製品では多様化する生活者のニーズに十分に応えることは難しい。

Yahoo! JAPANは「それらを連携して活用できる環境が必要となってきた」とし、
さまざまなIoT製品やWebサービスをシームレスに連携できるIoTプラットフォームmyThings Developersを提供、2016年9月よりベータ版として公開していた。

>>関連記事:ヤフーのIoTアプリ「myThings」対応製品が家庭に普及する日

今回、正式版を公開し、IoT製品やWebサービスをmyThingsで使用できるように。APIで「Yahoo!天気」や「LINE」、「Akerun」をはじめとする40種以上の「チャンネル」の商用利用を可能にした(LINEチャンネルは近日中に提供開始予定)。

さらに、myThings DevelopersにチャンネルとしてAPIを提供するパートナーが、ユーザーのAPI利用に応じて利用料の課金ができる仕組みも提供を開始し、利用可能なチャンネルの充実を目指している。

大手企業もmyThings Developersに注目

ライオン株式会社はmyThings Developersのパートナー企業として、ITとの結合による、未来の暮らしにつながるサービスの検討を開始している。株式会社講談社では、発売中のATOMプロジェクトによるコミュニケーションロボット「ATOM」との連携を検討しているという。

第一弾として既に9社でのmyThings Developersの採用が決定しており、今後myThings Developersを活用しさまざまなチャンネルと連携したサービスが提供される予定だという。

すでにユーザーからの反響が大きい先行サービスも

今回の正式版提供開始とともに、myThings Developers採用決定した企業の中から、いくつか活用サービス例を挙げていく。

・シニア向けIoTデバイス「MAGOボタン」
カンタン押すだけ、高齢者向け安心ボタンとして提供予定のIoT製品「MAGOボタン」を「Yahoo!防災速報」「Yahoo!天気」チャンネルと連携させ、高齢者が安心安全に暮らせる地域の情報を伝える機能を搭載。
[MAGOボタン]http://pr.mago-btn.com/
提供会社:MIKAWAYA21株式会社 

 

・家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」
コミュニケーションロボット「BOCCO」から天気や防災情報をおしゃべりできる機能を提供。2015年の連携以来、半数以上のユーザーがmyThingsを活用するなど、その反響が大きかったことからBOCCOアプリケーションへの搭載を決定。
[BOCCO]http://www.bocco.me/
提供会社:ユカイ工学株式会社

>>関連記事:innovators 情熱のカラクリ 第1回:ユカイ工学代表青木俊介氏

 

・コミュニケーションロボット「タピア」
コミュニケーションロボット「タピア」からの新しく楽しいショッピング体験を「LOHACO」チャンネルとの連携により提供予定。天気や防災情報を伝える機能も搭載。
[タピア]https://mjirobotics.co.jp/#robot
提供会社:株式会社MJI

 

・防犯センサー「Secual」
IoTを活用した防犯センサー機器・サービス「Secual」に天気・防災情報を連携。アプリ上での文字情報表示に加え、機器から音声での読み上げを行い、早期の危険認知と対応を促す。全国の高齢者向け施設14箇所での実証実験を終え、リリース準備中。
[Secual]http://secual-inc.com/
提供会社:株式会社Secual 

 

・見守りサービス「絆-ONE」
2011年より提供中の見守りサービス「絆-ONE」にて「myThings Developers」を活用し、TwitterやBOCCOから大切な親族の様子をメッセージで伝える機能を拡充。より便利に、高齢者夫妻や独り暮らしの高齢者の見守りが行えるようになる。
[絆-ONE]http://portal.kizuna-one.jp/
提供会社:アットシグナル株式会社 

 

筆者:IoT Today