24日、中国の習近平指導部が腐敗取り締まりの一環として2012年12月に導入した公費のムダ遣いを取り締まる「中央8項目規定」に違反したとして今年に入ってから3月末までに処分された中国共産党員が7644人に上ることが分かった。写真は中国共産党員のバッジ。

写真拡大

2017年4月24日、中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が腐敗取り締まりの一環として2012年12月に導入した公費のムダ遣いを取り締まる「中央8項目規定」に違反したとして今年に入ってから3月末までに処分された中国共産党員が7644人に上ることが分かった。米自由アジア放送(RFA)の中国語ニュースサイトが伝えた。

党の中央規律検査委員会と中国監察部によると、今年3月末時点で、全国で「中央8項目規定の精神違反」の問題計2733件が調査・処分され、省部級幹部(各省・直轄市・自治区の党委員会常務委員・中央各部の副部長以上の高官)4人を含む7644人が処分された。(翻訳・編集/柳川)