温活スープでからだを中からポカポカに。いまからはじめておきたい夏の冷え対策

写真拡大

基礎体温を上げるための食事や運動。いろいろ取り入れても本当にそれらが効果をもたらしているかどうかハッキリとはわかりにくいものです。そんななか日頃の努力が報われる、うれしい調査結果が届きました。
50人への調査でわかった体温アップ食
その調査とは、「からだを温めることを目的に作られた温かいスープを毎日飲んだら、体温は上昇するかどうか」というもの。栄養学に基づいた健康食を販売している「プラスメディ」が、5月17日から発売する「ON! 活スープ」を50名に28日間毎日飲んでもらい、体温上昇がおきるのかのモニター試験です。
その結果、平均体温が0.21℃上昇したのだそう。たった0.21℃ともとれますが、体温が低いことでおこるからだのトラブルを考えれば、ありがたい上昇です。
体温低下は免疫力低下のもと

体温が1℃下がると、免疫力は30%低下し、逆に1℃上がると、一時的には最大5〜6倍亢進するといわれています。
(プラスメディ 調査資料内・基礎体温UPの冷凍スープ試験 緒言より)

このことからも、健康的な体温で過ごす大切さを感じることができます。では、体温は何℃あれば健康的なのでしょう。
ベスト体温をキープしてトラブル知らずのからだへ
50年前は、日本人の平均体温は36.9℃もあったそうです。現在では、にわかに信じられない高さ。今回、プラスメディが調査を実施した背景にも、
「人間のベストの体温は37℃といわれており、36℃を下回ると免疫力が低下し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。また、低体温はガンの発病率も高まるといわれていますが、体温の重要性があまり理解されていません。モニター試験の結果を用いて食事内容を見直すだけでも、体温の上昇が期待出来ることを啓発したい」
という考えがありました。1℃の体温差でからだの調子が大きく変わるのなら、やはり0.21℃の体温上昇は侮れない変化だと言えます。今回の調査は、あくまで温活用に開発された「ON!活スープ」を用いての結果ですが、いま温活をしている人、これからはじめる人は、温活用スープを取り入れてみると、よりよい変化を感じられるかもしれません。
[プラスメディ]
調査資料 / プラスメディ