プロも実践!メイクの仕上がりが断然変わる「朝マッサージ」

写真拡大

大好きな彼とのデートや人前に出るプレゼンの日など、メイクに気合が入る朝ってありますよね。いつもより丁寧に時間をかけてメイクをすることも大切ですが、モデルや芸能人は撮影のとき、メイクの前にマッサージをしている人が多いって知っていましたか?

マッサージをすることで顔のむくみも解消され、血行を促進することでメイクの仕上がりもよくなるので、ここぞという時にはぜひ取り入れたい習慣です。

今回はエステ講師の筆者も実践している、“仕上がりをよくするメイク前マッサージ”をご紹介したいと思います。

1:こめかみから側頭部をほぐして、フェイスラインをシャープに

画像:坂本雅代

こめかみから側頭部をちょっと手根で持ち上げてみてほしいのですが、ここがあがるとフェイスラインもあがるんです。メイク前にしっかりほぐして柔らかくし、フェイスラインをシャープに見せましょう。

2:頬肉を流して、頬をすっきりさせる

画像:坂本雅代

寝ているあいだ、意外とむくんでしまうのが頬。メイク前にむくみをとって、頬肉をすっきりさせましょう。

ほうれい線の外に親指をセットし、耳に向かって滑らせましょう。ゴリゴリするものは潰すつもりで頬骨の下のラインに沿ってやってみてください。

3:エラをこぶしでほぐして、顔色もアップ

画像:坂本雅代

耳の前にこぶしを縦に置き、小指がエラの角にあたるようにセットします。そのまま圧をかけながら、その場でぐるぐる回しましょう。少し痛いですが顔幅を狭めるつもりで、行いましょう。耳の周辺には耳下腺リンパ節もあるので、顔色アップも期待できますよ。

4:眼窩周りをプッシュして、目の下のクマもケア

画像:坂本雅代

瞼のむくみ、目の下のクマ対策には、目の周りの血行を促進しましょう。目の周りを優しく流すリンパマッサージは、筆者はスキンケアをするときに行うので、メイク前のマッサージはツボ押しをしています。

目の上を3点、目の下を3点、目の周りの骨を外に広げるように、少し圧をかけてゆっくり3秒ずつ押しましょう。

5:首は縦横に流して、余計なものを流す

画像:坂本雅代

最後に、首を縦横に流します。まずのど仏に両手をあてて、耳の後ろまで手を密着させて流します。首を一回り細くするつもりでやってみてください。そして耳の後ろから鎖骨に向かって、老廃物を流すつもりで鎖骨に入れ込んで終了です。

いかがでしたか? スキンケアの乳液やクリームを塗って肌への摩擦を軽減して行ってみてくださいね。

【画像】

※ 坂本雅代

【筆者略歴】

坂本雅代

大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。