「ベガルタ仙台が取り組む新機軸。その構造と問題点。」

写真拡大 (全4枚)

今シーズンのベガルタ仙台は、新たなチャレンジに取り組んでいる。3-4-2-1。3バックへのスタイル転換だ。

元来、仙台は4バックをベースとするチーム。手倉森誠氏が率いたチームは、オーソドックスな4-4-2が採用され、隅々まで練られた堅守速攻で躍進を遂げた。一時期アンカーを置く4-3-3にトライしたこともあったが、「仙台といえば4-4-2」というイメージは強い。

現チームを率いる渡邊晋監督は、従来の堅守速攻をリスペクトしながらも、新たな文化の構築に取り組むことを決意した。そのイメージを具現化したのが3バックである。今回のコラムでは、その構造と抱える問題点に迫っていきたい。

攻撃:丁寧なビルドアップからの崩しがコンセプトだが…

上記が今季の基本フォーメーションだ。

最後尾はシュミット・ダニエルまたは関憲太郎。最終ラインは右から大岩一貴、平岡康裕、石川直樹(増嶋竜也)。ボランチは富田晋伍と三田啓貴で、ウイングバックは右に菅井直樹、左に永戸勝也。シャドーに石原直樹と佐々木匠もしくは梁勇基、奥埜博亮。1トップにクリスランまたは石原が入るのが基本形だ。

攻撃時の基本コンセプトは、「最終ラインからの丁寧なビルドアップからの崩し」だ。3バックと両ボランチがボールをつなぎながら全体を押し上げていく。そして、高い位置を取ったウイングバックを使い、中央の3枚が絡んだ厚みのある攻撃が理想形だ。

しかし、現時点では、攻撃が機能しているとは言えない。最終ラインのビルドアップの質が低く、前線に良い形でボールが入らないのが最大の要因だ。

第8節で対戦したサンフレッチェ広島と比較してみよう。彼らの場合、3バックにボランチ1人を加えた4人と青山敏弘の計5人で攻撃を構築していく。3バックの中央に陣取る千葉和彦は、くさびの縦パスが抜群に上手い。千葉から1トップへ縦パスが入り、そこからスピードアップしていく攻撃は一見の価値がある。

また、千葉が封じられた場合は、両ストッパーと青山が輝く。右ストッパーの塩谷司が前線へ持ち上がり、決定機を演出する光景はお馴染みだ。また、青山からのフライパスで局面を一気に打開できるのも広島の強みである。

翻って仙台を見ていくと、「意外性のあるつなぎ、動き」が無い。最終ラインから鋭い縦パスが入るケースはほぼ無く、両ストッパーの攻撃参加もさして見られない。相手の守備ブロックの外でボールを回しているだけになっており、効果的な攻撃ができていないのだ。

第6節で対戦した浦和レッズもビルドアップが上手いチームだが、彼らの場合、ストッパーの森脇良太からのサイドチェンジや槙野智章の持ち上がりが大きなアクセントとなっている。

広島も浦和も後方からのビルドアップがスムーズであり、その恩恵を受けたウイングバックが高い位置で1対1の勝負を仕掛けられている。サイドが上手く使えているので、その分中央の3枚へのプレッシャーも弱くなる。サイド、中央どちらからでも崩すことができるので、相手からしたらたまったものではない。

今の仙台の攻撃は読みやすく、ブロックを築かれてしまうと停滞してしまう。これを打開するには、「思い切った縦パス」と「ストッパーの攻撃参加」が必要不可欠となる。

キーマンとなり得るのが、広島・浦和でプレー経験のある石原。このシステムにおける自身の役割を良く分かっており、非常に頼もしい存在だ。背番号11を基準点として活用し、厚みのある攻撃を構築していくことが目下の最重要課題となる。

守備:持ち前の堅守に陰りが…

仙台の代名詞となっているのが堅守だ。

手倉森時代の4-4-2は前線からのプレッシングが抜群に機能しており、対戦相手を大いに苦しめた。コンパクトな陣形を保ち、相手にプレッシャーを与えることで、ミスを誘発しカウンターにつなげる。良い守備が良い攻撃を生むのはサッカーにおける基本原則だが、当時の仙台はそれを体現できていたのである。

今季の仙台は、8試合で18失点を喫しているが、この数字はリーグワーストだ。なぜ堅守が崩壊してしまったのか。「ボールの奪いどころが中途半端になっている」のが原因である。

3バックを用いるチームの大半は、守備時に5バックとなる。仙台も同様で、5-4-1のコンパクトな3ラインが並ぶ。しかし、そもそも5-4-1では前線からプレスをかけるのは難しい。後方に人数が多くなる分、全体の重心が後ろにならざるを得ないからだ。

前述の広島と浦和も守備時は5-4-1となるが、彼らの守備の基本形はリトリートである。相手ボールになった際はブロックを作り、相手の攻撃を受け止める。近年の両チームは、前線からのプレッシングを新たに掲げているが、あくまでも相手陣内でボールを失った時の話である。

5-4-1という構造上、無理に前から奪いに行けば、ブロックに穴が生じ、スペースを与えてしまう。

前線からプレッシングをかけるのであれば、4-4-2の方が理にかなっている。アトレティコ・マドリーやレスターが4-4-2を採用しているのはそうした理由からである。

話を仙台に戻そう。「ボールの奪いどころが中途半端になっている」のは、システムと選手の意識にズレが生じているからだ。

システム的にはリトリートした方が上手く行くのだが、選手のコメントを聞く限り、前から奪うことに重きを置いている。このズレを埋める方法は3つある。

1つ目は、5-4-1のままリトリートを基本とすること。2つ目は4-4-2に戻し、従来のプレッシングスタイルへ戻すこと。そして3つ目は、3バックは変えず、敵陣でボールを保持し、奪われた瞬間にすぐ奪い切るスタイルを構築すること。分かりやすく言えば、浦和とコンセプトを同じくするということである。

4戦勝ち無しという苦しい時期を過ごす仙台だが、指揮官は一貫して3バックを採用しており、試合途中で4バックに戻したことは1回もない。

この事実から、新たなチャレンジをモノにするという信念がひしひしと伝わってくる。恐らく指揮官は、「敵陣でボールを保持し、奪われた瞬間にすぐ奪い切るスタイル」を形にしたいと考えているはずだ。

そのためには、まずはビルドアップの質を向上させ、敵陣で試合を進められるようになる必要がある。今後指揮官は時計の針を戻そうとするのか。それとも新たな文化を根付かせるのか。仙台のこれからを左右する大きなプロジェクトとなりそうだ。

2017/04/23 written by ロッシ

筆者名:ロッシ

プロフィール: 1992年生まれ。1998年フランスW杯がきっかけでサッカーの虜となる。筆者の性格は堅実で真面目なため、ハビエル・サネッティ、長谷部誠、ダニエレ・ボネーラ、アルバロ・アルベロア、マッティア・カッサーニにシンパシーを感じている。ご意見・ご感想などありましたら、ツイッターアカウントまでお寄せください。
ツイッター: @antelerossi21