ガンバ大阪公式サイトより

写真拡大

またまたJリーグサポーターが大問題を起こした。

 2014年に浦和レッズのサポーターが「JAPANESE ONLY」という横断幕を掲げ、菅義偉内閣官房長官が「人権が尊重される豊かで成熟する社会を実現する我が国の方針においては甚だ残念で遺憾」とコメントするなど、サッカー界を飛び越えた騒動となったのは記憶に新しい。

 そんな中、またもやJリーグのサポーターが問題を起こした。今月16日に行われたJ1リーグ第7節のセレッソ大阪×ガンバ大阪戦で、ガンバ大阪のサポーターが試合中にナチスのエンブレムである“SS”の旗を使って応援をしていたのだ。

 ガンバ大阪は21日に公式リリースを出し、該当グループと話し合いの末、グループ所属のサポーターの無期限試合入場禁止の措置をとったことを発表した。また、試合中の横断幕や旗などの使用を、この日をもって当面禁止とした。

「今回も『JAPANESE ONLY』横断幕の時と同じで、思想性はなく、単に“格好いい”という理由で掲出していたようです。この件で、Jリーグクラブがいかにサポーターにナメられているのかが浮き彫りになりましたね」(サッカー関係者)

 サッカー関係者がこう指摘するのには理由がある。現在、問題となっている旗だが、過去にも使われており、サポーターグループはクラブ側の警告を聞かずに再三使用していたのだ。

「これをきっかけに、Jリーグはゴール裏改革に乗り出すべきです。公式にはリリースされていませんが、以前もガンバ大阪のゴール裏から試合前に審判員に対し、『こっちこいやぁ〜』『殺すぞ〜こら〜』などと、罵詈雑言が飛んでいたことがありました。その時もクラブ側は該当サポーターに注意を与えたはずです。今のJリーグのゴール裏は無法地帯で、コアサポーターの過激な行動をクラブ側が抑えきれていません。ゴール裏が過激派の集まる場所になっているのだから、管理のためにも、自由席を指定席に変更するなど、対応をとるべきです」(同)

 イングランドプレミアリーグでは、フーリガンを撲滅するために、スタジアムを全席指定に変更した。Jリーグも、08年のレッズサポーターとガンバサポーターの暴動や、14年の鹿島アントラーズサポーターのモノの投げ込みなど、サポーターが起こした問題を挙げたらキリがない。何かしらの対応が必要な時期になっているのは明白ではないか。
(文=TV Journal編集部)