写真提供:マイナビニュース

写真拡大

前回仕上げたトマトの画像。画像全体の調整はできたが、3つ写っているトマトのうち1つだけ青いのが気になる。どうせなら、3つとも真っ赤に完熟させてみようじゃないか。

今回のレタッチは、調整と言うよりは画像加工となるため、Photoshopなどの画像加工ソフトを使うとより簡単に仕上げられるのだが、調整パラメーターはLightroomのほうが扱いやすくできている (Photoshop内のCamera Rawフィルターも同様)。Lightroomである程度まで仕上げてから、Photoshopで細部を詰めていくと、よりスムーズに作業が進むだろう。

では最初に、青いトマトを赤くする調整を行うために、「補正ブラシ」を使用する。「補正ブラシ」はマスクを作成して部分的な補正を行うもので、ツールドロワーで設定する。マスクは複数作成でき、不要なマスクはピンを選択して消去できる。

「補正ブラシ」はフリーハンドでの作業が主となるので、使い慣れるのに時間がかかるかもしれないが、「段階フィルター」や「円形フィルター」といった補正の幅を広げてくれる付加機能も搭載されている。また、[shift] キーを押しながらカーソルを動かすことで直線が引けたり、[alt] キーや [option] キーを使ったショートカットオプションもあるので色々と試してもらいたい。

奥に見える赤いテープは「スポット修正」を使用する。ドラッグしながら形状を合わせていく。この画像の場合、白いテープを延長させ、葉の緑と白く抜けた部分を意識しながら修復すると、自然な見た目になった。

(高嶋一成)