「頼れる先輩」ってステキです。新入社員の彼を抜け駆けしてオトす方法

写真拡大



入社のシーズンである春。新入社員として入ってきた男性の初々しい態度にキュンとしてしまう女性も多いのでは?気になる人がいた場合、どうやってアプローチしますか?年下には、同僚や同級生の目が気になって堂々とアプローチしにくいですよね、そこで今回は、新人を口説いた経験のある20代の女性に方法を聞いてみました。

■・ 飲み会の幹事でオトす

「私と同じ部署に配属されたきた彼は、入社してきたときから気になっていた人でした。このチャンスを逃したら絶対後悔する!と思って飲み会の幹事を一緒に誘ったんです。それで仲良くなって付き合えることに」(24歳/通販会社勤務)

一緒に幹事をしたのがきっかけで付き合うようになったケースは筆者の周囲でもたびたび耳にします。彼にとって、慣れない環境のなかで共同作業をすれば強い連帯感が生まれるもの。ぜひ一緒に幹事に誘いましょう。

■・ 失敗したときが狙い目

「新入社員で失敗しない子はまずいません。叱られて落ち込んでいるときがチャンスです。その日にこっそりメッセージを送って励ましたりして信頼を勝ち取っていくのが王道の口説き方ですよね」(26歳/旅行代理店)

自分が先輩のときに使えるのが「相談に乗る」パターン。同じ学校や職場なら、メーリングリストなどで連絡先は分かるはず。新しい環境に慣れずに戸惑っている新人にしてみると、1年でも先輩はすごい存在に見えるものです。「先輩って優秀なんだ」と思われているうちに親切にして心を掴みましょう。よくチェックしていないとタイミングを見逃しそうなので、彼をよく観察して。

■・ ホムパを主催する

「彼一人を口説くと目立つので、部署の新人の子全員を家に招待してLINEを交換しました。料理を気に入ってくれたので『また食べにおいでよ』と彼だけ誘ってオトしたことがあります」(25歳/美容関係)

料理の腕に自信があるなら、ホームパーティーを主催して彼を呼んで仲良くなるのも手ですね。ポイントは「はじめは皆に声をかけること」。警戒されないようにして仲良くなったうえで、徐々に2人きりで連絡をとりあうようにしていきましょう。

■・ あえて新人の彼に相談する

「年上の私が相談に乗るのが自然かと思うんですが、それだと女として見られにくいかなって思って『新人の気持ちが理解できなくて悩んでいる』と彼にこっそり相談してデートにこぎつけました」(28歳/人材派遣会社)

普通なら自分が相談に乗るところをあえて彼に相談するとは策士ですね!ただし、自分のほうが立場が上だからといって無理やり口説くのはパワハラになってしまうので要注意。「○○くんといると落ち着く」など年上感を感じさせない態度でオトしていってくださいね。

■おわりに

新人のうちは誰しも悩みごとが多いので、自分の話を聞いてくれる人に好感を持ちます。悩み相談に乗ってあげているうちに2人で会う機会を増やしていくのがポイントです。そしてもちろん、無理に彼の時間を使わせたりするのは絶対NG。まずは学校や仕事のあとに気軽にご飯に行ける関係から目指しましょう。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)