川崎は敵地での大一番で勝点3を掴んだ。(C) Getty Images

写真拡大

[ACLグループステージ5節]水原三星 0-1 川崎/4月25日/水原

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は4月25日、各地でグループステージ5節を開催。敵地へ乗り込んでグループG首位の水原三星と激突した川崎フロンターレは、1-0で勝利し、グループステージ突破へ大きく前進した。

 試合は、引き分け以下でグループステージ敗退が濃厚となる川崎が、持ち前のパスサッカーでリズムを作ろうとするが、水原三星も球際の激しさと速攻を武器にゴールを窺う。

 前半はスコアレスで折り返したものの、後半立ち上がりにチャンスを活かしたのは川崎だった。

 48分、川崎は敵陣右サイドでFKを得ると、中村のクロスに奈良が打点の高いヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らす。川崎が先制点を奪う。

 その後もボールを支配する川崎は、水原三星のカウンターを凌ぎつつ、ゴールを窺う。64分には小林が相手GKとの1対1を迎えるが、惜しくも枠を外しゴールならず。76分には途中出場のハイネルが左足のシュートを放つも、これもGKに阻まれ得点には至らない。
 
 しかし結局、川崎がこのまま1点差を逃げ切り1-0でグループステージ初勝利。川崎は1勝4分けの勝点7とした。

 川崎はグループステージ最終戦で、グループで最も格下と見られているイースタンと対戦(5月9日/19時30分/等々力)。この試合に勝利すれば2位以上となることが確定し、同時刻に行なわれる広州恒大対水原三星の結果次第では、首位突破となる可能性もある。だが、川崎はアウェーでのイースタン戦を1-1のドローとしており、最後まで油断はできない。