BMWが20年振りに復活を目指す、フラッグシップ・クーペ「8シリーズ」の頂点に立つ「M8」プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

ニュルの高速テストで捉えたその試作車は、フロントバンパーに巨大なエアインテーク、大径アロイホイール&ブレーキローターを装備。

パワートレインは、最大馬力600psとも噂される4.4リットルV型8気筒ツインターボや、直列4気筒ツインパワー・ターボと電気モーターを組み合わせた、「840e」プラグインハイブリッドのラインナップが予想されます。

「M8」モデルラインナップには、クーペのほか「グランクーペ」や「コンバーチブル」も登場する可能性が高く、90年代「8シリーズ」に設定されなかった最強Mモデルが大暴れしそうです。

ワールドプレミアは2019年と思われます。

(APOLLO)

ニュルに新怪物!BMW史上最強クーペ、600馬力の「M8」をスクープ(http://clicccar.com/2017/04/25/465788/)