Doctors Me(ドクターズミー)- 5つの異常から見る「異常性行為」 脳疾患が原因の場合も【医師解説】

写真拡大

2017年4月24(月)、歌手・タレントの泰葉さんが、元夫の春風亭小朝さんから家庭内暴力や異常性行為といった虐待行為を受け、そのために双極性障害を発症したと自身のブログで発表し話題になりました。


性欲の量も質も人それぞれだと思いますが、度を超えていると感じたとき、他人に相談するのは難しく、泰葉さんのように1人で悩み続けてしまい、解決までに時間を要してしまうことも考えられます。

今回は異常性行為について、医師に詳しく解説をしていただきました。

異常性行為とは?

異常性行為というのは医学用語ではありませんが、性欲の異常は精神医学の扱う領域の一つです。

何をもって正常な性欲とするかは時代・社会背景によって大きく変化し、同性愛や自慰行為も異常とされたことがありました。

異常性欲の種類


対象の異常


通常は性欲の対象としないようなものに性欲を持つことです。例としては以下が挙げられます。

■ フェティシズム(ハイヒール、下着など無機物)
■ 特定の服装(コスプレなど)
■ 小児(ロリコン)
■ 近親(マザコンなど)
■ 動物(獣姦)
■ 架空の存在(ゲームキャラクターなど)
など

目的の異常


通常は性的満足を得ないような行為を行うことです。強制わいせつ、SM(痛みを通して性的快感を得る)、虐待行為、露出症、窃視症(のぞき)などです。

性欲の質の異常


対象の異常と目的の異常があります。

性欲の量の異常


性欲が異常に増える色情症と、性欲が低下する不感症があります。

性依存症


性依存症も性欲に関連する異常と言えます。性行為だけでなく、自慰やアダルト動画に過剰にのめりこむことも性依存症となります。

社会的に地位がある男女が、スキャンダルになると分かっていても不倫をやめられないというような場合、背景に性依存症が存在する場合もあると考えられます。

異常性欲の原因


性欲の量・質は個人差が大きく、味の好みに原因などないように、どうしてSMが好きになったのかと言われても原因を見つけられないことは多いと思われますが、脳の疾患のために性欲に異常が現れる例も知られています。

認知症や脳腫瘍


認知症や脳腫瘍で前頭葉や側頭葉に障害が生じると、タガが外れたような状態となり、それまで普通だった高齢者が周囲に見境なくセクハラ行為を働くようになる、というような例があります。

高次脳機能障害


知的障害者や、交通事故などで脳に障害を負った後で起こる高次脳機能障害の患者でも同じような現象が見られます。

精神疾患の薬の副作用


精神疾患に対して使われる一部の薬では、副作用に異常性欲があるとされています。

性の強要は犯罪にもつながる


精神医学的に正常な性欲であっても、嫌がる相手に強要しようとすれば犯罪にもなります。精神医学の基準に照らし合わせて自分が異常かどうかよりも、相手と合意の上で楽しめるかどうかが大切と言えます。

例外は小児性愛であり、13歳未満の女子に対する性行為は相手が合意していても刑法の強姦罪に当たります。18歳未満の男女については淫行条例が適応されます。

最後に医師から一言


個人がどのような性的嗜好を持つかは自由であり、他人に迷惑をかけない限り自分の好みを追求するのは問題はありません。

むしろ、同じ好みを持った大人同士であれば、正常な性欲の場合よりも充実した性生活を送れるかもしれませんね。

(監修:Doctors Me 医師)