まさかのエンディングにもご注目あれ。

2001年に発売されたホラーゲーム『サイレントヒル2』では、主人公ジェイムスがメアリー殺しを自覚し、ローラにそれを告白するという印象的なシーンがありました。

それが2017年になって突如、そのシーンの製作時に撮られたホームビデオ映像が公開されました。さっそくご覧ください。



こちらはGCNavigatorによる動画。

現代のモーションキャプチャー技術とはちょっと違い、製作された1999年当時の設備が映し出されていますね。説明文によると、これは磁気式のキャプチャー方法なのだそうです。

映像はジェームスを演じたガイさんの奥様が、スタジオでの製作の様子を撮影したものとのこと。ホラーゲームの製作現場ですが、カメラが回っていない時は和気あいあいとした雰囲気なのが良いですね。

また撮影時には、ローラ役のジャッキーちゃんがガイさんを怒鳴ったり叩いたりするので、ガイさんの2歳の娘さんがビックリして泣き出してしまったというエピソードまで紹介されています。

役者のふたりは動きだけでなく、セリフを声に出してちゃんと演技をしていたことが判る、とても貴重な映像でした。

・VRシステム HTC Viveで「全身モーションキャプチャー」? 自然さがすごい新技術デモ動画

image: YouTube
source: YouTube

(岡本玄介)