写真提供:マイナビニュース

写真拡大

初めて使うアプリを開いた時に「位置情報の利用を許可しますか?」という画面が表示されることがあります。これは許可しても大丈夫なのか、許可するとどうなるのか、解説します。

○位置情報とは?

iPhoneは、自分(自機)がいまどこにいるのかを常に把握する「位置情報機能」を持っています。iPhoneの中にあるその情報を利用すれば、自分が今どこにいるのかが分かるというわけです。地図や天気、電車の乗り換え案内といった様々なアプリが、iPhoneの内部でその情報を利用することでいろいろな機能を実現しています。

○位置情報の使用を許可するとどうなるの?

しかし、プライバシー保護のため、iPhoneが持っている位置情報をアプリが勝手に使うことはできない仕組みになっています。新しいアプリが位置情報を使うには、iPhoneの使用者に「位置情報を使っていいですよ」という許可を得る必要があります。そのために表示されるのがこの画面というわけです。

ナビ系やお店探しなど、地図が関連するアプリでは位置情報が必須なので「許可する」を選択しましょう。一方、カメラやSNSなどは「許可しない」でもアプリを使うことができます。写真を撮った場所やSNSに投稿した場所を意図せず知られることを避けるなら、「許可しない」がおすすめです。

○どのアプリが位置情報を使っている? 確認と変更が可能です

今まで入れたアプリのうち、どれが位置情報を使っているのか、心配になったら確認してみましょう。使用許可を後から変更することも可能です。

(笠井美史乃)