写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開するガンプラ「HGUC」シリーズより、OVA作品『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場するジム・スナイパーが新規造形のロングレンジ・ビーム・ライフル、ミサイル・ランチャーとともに立体化。「HGUC 1/144 ジム・スナイパー」として現在プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。2017年7月発送予定で、価格は1,620円(税込)。

ジム・スナイパーは、陸戦用ジムをベースに狙撃性能・装備を追加したモビルスーツ(MS)。野外戦の環境に溶け込みやすいカラーリングと、巨大なロングレンジ・ビーム・ライフルが特徴となっている。劇中ではアプサラス開発拠点の攻略戦に投入され、華々しい戦果を上げるも、アプサラスIIIによって撃墜された。

劇中登場時のダークグリーンを基調としたカラーを成形色で再現した「HGUC 1/144 ジム・スナイパー」は、新規造形のロングレンジ・ビーム・ライフルとミサイル・ランチャーをはじめ、陸戦用ジムの100mmマシンガン、ビーム・サーベル、シールドなどの装備も付属。シールドはバイポッドが可動で、陸戦型ガンダムのように狙撃ポージングと合わせたディスプレイも可能となっている。

さらに肩部や腹部の幅広い各関節可動により、劇中のロングレンジ・ビーム・ライフル発射形態や、ミサイル・ランチャーを担ぐ姿など、大胆なポージングを可能にした。

(C)創通・サンライズ