格下相手に思わぬ黒星を喫した名古屋。東京Vに首位の座を明け渡した。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 J2リーグは4月22日と同23日、各地で9節の11試合が行なわれた。
 
 前節まで首位の名古屋は、ホームで21位の山口と対戦。前半だけで2失点を喫する苦しい戦いを強いられ、後半に永井龍やフェリペ・ガルシアを投入して反撃に出たがゴールをこじ開けることができず。0-2で敗れて首位の座を明け渡し、3位に転落した。
 
 その名古屋に代わって首位に躍り出たのは東京V。アラン・ピニェイロが2ゴールを挙げる活躍で群馬を3-1で下し、3試合ぶりに白星を挙げた。
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。
 
4月22日(土)
水戸 1-1 福岡(Ksスタ)

名古屋  山口(パロ瑞穂)

東京V  群馬(味スタ)

町田 徳島(町田)

京都 1-1 松本(西京極)

愛媛  長崎(ニンスタ)

湘南  大分(BMWス)

横浜FC 千葉(ニッパツ)

4月23日(日)
岡山 2-1 山形(Cスタ)

讃岐 1-3 岐阜(ピカスタ)

金沢 熊本(石川西部)