ロードバイクのメンテナンスの基礎知識を伝授するコーナー。今回は、「空気の入れ方(各タイヤ共通)」についてレクチャーしていきます。 空気圧はスピードや乗り心地に直結するので、 空気入れは乗車前には必ず行うべき作業。 ロードバイクでは標準のフレンチバルブの扱いにも慣れておく必要があります。以下でしっかり学んでいきましょう。

 

【バルブを緩める】

自転車のバルブにはいくつか種類があり、ロードバイクでは高圧の空気を入れやすいフレンチバルブがよく使われている。基本構造が他と違うため専用の空気入れが必要になるが、一般的な空気入れの中にはアダプタが付属しているものもあるので購入時に確認してみよう。

 

まず、バルブキャップを外すとバルブの核が露出するので、先端に付いているネジを回してバルブを緩める。フレンチバルブは先端を押すと空気が抜けて弁が開くので、そこまでやって準備完了だ。

 

1.ロードバイク用のタイヤのほとんどには、軽量ながら高い圧力にも耐えられるフレンチバルブが使われている。

 

2.空気を入れるときは、バルブのヘッドの部分を緩める。空気を抜くときも同様だ。

 

3.多くのフレンチバルブ用ポンプは、ヘッドにロックレバーがある。ヘッドを被せたら、レバーを起こす。

 

【空気を入れる】

ポンプのアダプタをバルブに被せ空気を入れる。身体全体でポンピングするのがポイントだ。ここで一番大切なのは空気圧。タイヤの種類にもよるが、一般的に適正空気圧は8気圧前後だ。空気圧の強弱で走りはかなり違ってくるので、空気圧の付いた空気入れを揃えた方がいいだろう。

 

空気を入れ終えたら、速やかにバルブをしっかり締める。これで弁が閉じて、逆流をすることはなくなる。

 

4.空気を入れる。腕だけを使うのではなく、腕をつっかえ棒にして膝を使い身体全体で入れると、スムーズに入っていく。

 

5.タイヤには適正空気圧が刻印されているので確認して正確に入れる。タイヤの種類により違いがあるが、排水用の溝のないスリックタイヤの場合は8気圧程度が適正。

 

【こちらもチェック】

仏式を英式に変換するアダプター

フレンチバルブ用のポンプがなくても、アダプタをつけることで、一般的な英式の空気入れでロードバイク用タイヤに空気を入れることができる。アダプタは少し緩めてバルブに被せるのがコツだ。