5年連続の5戦5勝。圧倒的な強さの”パーフェクトゲーム”記録を、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が今年もさらにひとつ上積みした。


マルケス(中央)が優勝してペドロサ(左)が3位。ホンダが一矢報いた 初開催の2013年以来、テキサス州オースティン郊外のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行なわれるアメリカズGPで、マルケスは毎年ポールポジションからスタート、圧倒的な強さで勝利を収めてきた。MotoGPにデビューした2013年は、開幕2戦目にしてポールポジションを獲得し、1.5秒以上の差を開いて優勝。さまざまな史上最年少記録を次々と更新していくマルケスの快進撃は、このときにはじまった。

 以後、この会場では毎年ポールポジションが定位置となり、決勝レースでも後続に一方的な大差を開く勝利を続けてきた。だが、2017年の第3戦・アメリカズGPは、マーベリック・ビニャーレス(モビスター・ヤマハ MotoGP)の台頭を前に、マルケスのこの勢いが果たして続くのかどうかに大きな注目が集まった。

 ヤマハファクトリー移籍初年度のビニャーレスは、開幕から2連勝。一方のマルケスは、開幕戦で表彰台を逃し、第2戦は転倒ノーポイントで終えている。シーズン序盤2戦はビニャーレスのペースで推移したが、同じスペイン出身で同世代の図抜けた才能を持つ両雄が、ようやく真っ向勝負を繰り広げると期待されたのが、今回のレースだった。

 土曜午後の予選では、マルケスが圧倒的な速さでトップタイムを記録していたところへ、ビニャーレスがセッション終了直前にそれを更新。だが、さらに上回るペースで周回していたマルケスがそのビニャーレスのタイムを塗り替えるラップタイムで5年連続のポールポジションを獲得した。

 初の直接対決に向けて、最高のお膳立てが整った格好だ。

 日曜の決勝レースは、しかし、ビニャーレスの早々のリタイアという意外な形であっさりと決着した。2周目の18コーナーで転倒したビニャーレスは、レースを終えた夕刻に「(転倒後にデータを)すべてチェックしたけど、すべて同じだった。進入速度も燃料の搭載量も同じで、(午前のウォームアップ走行時よりも)むしろ遅いくらいだったので、なぜ転倒したのかよくわからない」と、不可解そうに話した。

 おそらくは、路面状態やタイヤの作動状況など、いくつもの要因が複合的に作用した結果の転倒ではあるのだろう。ビニャーレス自身はその様子を「アルゼンチン(第2戦)でマルケスに発生したことが、今回は自分に発生した」と端的に言い表した。

 ふたりの頂上決戦は次回以降に持ち越しとなった格好だが、レースはその後、9周目で先頭に出たマルケスが後続を引き離し、2位のバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)に3秒以上の差を開いて優勝。3位にはマルケスのチームメイト、ダニ・ペドロサが入った。

 5年連続の完全勝利を成し遂げたマルケスは、心中の安堵をうかがわせるような笑みを見せ、ビニャーレスの転倒を知った後もレース戦略に変更はなかった、と述べた。

「フロントタイヤはハードコンパウンドだったので、序盤に様子を見て、中盤から後半に仕掛ける方法しか戦略はなかった。ビニャーレスがいれば、レース後半にもっと攻めなければならない展開になったかもしれないけど、今日は中盤に後ろとの差が開いていたので、タイヤを温存できた」

 また、今回は実現しなかったビニャーレスとの勝負に関しては、「遅かれ早かれ、対決することになる。みなさんはそれを楽しめばいいけれども、こっちは大変」と笑って締めくくった。

 一方のビニャーレスは、「(序盤に転倒していなければ)今日はマルクとトップ争いをできていたと思う。すごくよい走りをしたので、彼の勝利を祝福したい」とエールを贈り、「今回はノーポイントに終わったけれども、チャンピオンシップの戦い方は変わらない。一戦一戦、全力で戦う」と話した。

 ところで、今回のリザルトにより、3戦連続で表彰台を獲得してベテランならではの高い安定感を発揮しているロッシがランキング首位に浮上した。

 第4戦からはいよいよ本格的なヨーロッパラウンドがはじまり、選手たちも本領を発揮しはじめる。シーズンが混沌として安易な予測が難しければ難しいほど、レースを観戦する我々の興趣は高まるが、「You enjoy, we suffer!(みなさんは楽しくても、こっちは大変)」というマルケスの率直な言葉は、選手たちの本音としてはまさに至言であろう。

■モータースポーツ 記事一覧>>