巫女水着(mocolle提供)

写真拡大

「男性を『悩殺する』このイラストが実現したら、2017年の夏はよりいっそうに輝かしいものになるのではないか...」

こんな妄想から、「和風水着」実現プロジェクトが始まった。

巫女水着という発想はなかった

きっかけは、人気イラストレーターのcccpo(スリーシーピーオー)さんが、「巫女をモチーフにした水着」を着用する女性のイラストをネット上に投稿したことだ。

この投稿を、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」の関係者が見つけ、商品化に動く。

同サイトで、「巫女さんモチーフの『和風水着』!色香漂う 魅惑のイラストを現実に!」とのプロジェクトが立ち上げられると、またたく間に寄付が集まる。目標金額の30万円を大きく上回る70万円ちかくが集まり(4月25日時点)、見事商品化が決まった。

現実となった「和風水着」は、ショーツが「チラり」と見えるようスカートの前部分を開き、また、ビキニトップとショーツに加え「腕輪」も作り、イラストを忠実に再現した。

サイズは、S(バスト約79-83cm、ウエスト約59-63cm、ヒップ約82-90cm)、M(バスト約83-85cm、ウエスト約64-70cm、ヒップ約87-95cm)の2種類。

価格は、4月25日時点で7020円〜から購入可能。

商品を見たツイッターユーザーは、

「巫女水着ぐう欲しい・・・・・・。」
「巫女水着という発想はなかった」
「やばい、巫女水着よい」

と驚きの声や絶賛の声が相次いだ。