防衛事業庁=(聯合ニュースTV)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は25日、北朝鮮の核・ミサイル脅威に備え、弾道ミサイルを探知する弾道ミサイル早期警報レーダーを2基追加導入する内容の防衛事業修正案を同日の防衛事業推進委員会で審議、議決したと明らかにした。

 同事業は韓国軍が運用している弾道ミサイル早期警報レーダー(グリーンパイン)のほかにレーダーを追加導入するもの。修正案は追加導入するレーダーを1基から2基に増やす内容という。追加で導入される予定のレーダーもグリーンパインだ。
 グリーンパインは探知距離が600キロ以上で、弾道ミサイルを上昇段階で捉えることができる。
yugiri@yna.co.kr