浦和と鹿島が今節でGL突破を決める可能性がある

写真拡大

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第5節が25、26日に行われる。残り2試合となる中、全て決勝トーナメント進出の可能性を残している日本勢の4クラブ。日本サッカー協会(JFA)の公式サイトでは、各チームの突破条件などを紹介している。

 グループHのガンバ大阪は、25日にホームでアデレード・ユナイテッド(豪州)と対戦。このグループは首位の江蘇蘇寧(中国)がすでに突破を決めているが、2位アデレード・U、3位済州ユナイテッド(韓国)、最下位G大阪の3チームが勝ち点1差の中にひしめく大混戦となっている。G大阪は勝てば自力でのベスト16進出に望みがつながる一方、負ければ1試合を残して敗退決定。背水の陣で臨む一戦となる。

 川崎フロンターレはグループGで現在4戦4分で3位。25日に敵地で首位水原三星(韓国)と対戦する。水原三星は引き分けで2位以上、勝てば他会場の結果次第で首位通過が確定する状況。川崎Fは残り2試合で連勝すれば突破が決まるものの、この試合で引き分け以下に終わった場合、勝ち点2差で追う2位広州恒大(中国)の結果次第で敗退が決定する。

 グループEで2位につける鹿島アントラーズは、26日に敵地で3位蔚山現代(韓国)と対戦。ここまでアウェー全敗の鹿島だが、この試合で勝利し、なおかつ首位のムアントン・ユナイテッド(タイ)が4位ブリスベン・ロアー(豪州)に対して引き分け以上であれば、1試合を残して2011年以来のグループリーグ突破が確定する。

 決勝トーナメント進出へ向け、日本勢の中で最も優位な位置にいるのが浦和レッズだ。前節はホームで上海上港(中国)に1-0で勝利し、グループFの首位に浮上。26日に本拠地で行われるウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)戦を引き分け以上で終えれば、2年連続でのグループリーグ突破が決まる。

以下、前節終了時点のグループリーグ順位表

[グループE]

1.ムアントン・U(タイ)(8)+2

2.鹿島(日本)(6)+3

3.蔚山現代(韓国)(4)+3

4.ブリスベン・ロアー(豪州)(4)-8

[グループF]

1.浦和(日本)(9)+7

2.上海上港(中国)(9)+5

3.FCソウル(韓国)(3)-4

4.Wシドニー(豪州)(3)-8

[グループG]

1.水原三星(韓国)(8)+6

2.広州恒大(中国)(6)+7

3.川崎F(日本)(4)0

4.イースタンSC(香港)(1)-13

[グループH]

1.☆江蘇蘇寧(中国)(12)+6

2.アデレード・U(豪州)(4)-2

3.済州ユナイテッド(韓国)(4)0

4.G大阪(日本)(3)-4


●ACL2017特設ページ