FLEAZ Que

写真拡大

 コヴィアは、SIMフリースマートフォン「FLEAZ」の新モデルとして、コンパクトな4.5インチの「FLEAZ Que」を4月21日に発売した。価格はオープンで、直販サイト「FLEAZ DIRECT」での販売価格は、税別で1万3800円。

 スマートフォンは大画面化が進み、5インチ以上が一般的になったが、「FLEAZ Que」は、大きすぎると感じず、手に取った瞬間に「いいな」と思える4.5インチサイズに仕上げた。

 1万円台前半の低価格ながら、オートフラッシュ対応の500万画素のメインカメラ、500万画素の前面カメラ、電子コンパス、ジャイロセンサ、GPSなどを搭載し、回転や向きの変化に対応したゲームやナビゲーション、パノラマ撮影などを利用できる。GPSは、ソフトウェアアップデートで、現行の1機から、将来的に4機体制になると測位精度の向上が期待される準天頂衛星(QZSS)「みちびき」にも対応予定。

 バッテリの容量は2200mAhで、性能が低下したら取り外して交換可能。充電ポート用のmicro USB端子は、USB On-the-Goに対応しており、USB機器を接続できる。ホストモード動作時は480Mbpsのハイスピードにも対応する。

 サイズは高さ132.4×幅66.5×厚さ10.35mm、重さは約125g。SIMスロットはMicroSIMスロット。OSはAndroid 6.0だが、最新バージョンのAndroid 7.0へのアップグレードを保証する。