写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の木村拓哉が25日、埼玉県・富士見高等学校で行われた、主演映画『無限の住人』(4月29日公開)の公開直前サプライズイベントに、共演の杉咲花、福士蒼汰、満島真之介、三池崇史監督とともに登場した。

本作は木村にとって『武士の一分』(06年)以来の時代劇主演となる作品で、百人斬りの異名を持つ不老不死侍・万次を演じる。漫画家・沙村広明氏の同名漫画を原作に、三池監督がメガホンを取った。サプライズイベントの舞台は、万次の”不死身”という設定にちなんで、富士見高校が選ばれた。

事前に集めた生徒の質問に、出演者陣が回答する形でイベントが進行。木村は「陸上部の先生に一目惚れして入部したんですが、思った以上にきつくて、先生がいない時はやる気が出ません」という女子生徒からの相談に回答することになった。

この相談に対して木村は「高校の場でそれを相談してくるって非常に僕も困ったんですけど……その先生いるよね、今」と陸上部の顧問を呼び出した。2人の様子に、木村が「お前らカップルか!」とつっこみ、生徒が「そういうんじゃないんです。違いますよ」と否定すると、女子生徒も前に呼び出し、2人を対峙させた。

さらに、女子生徒が誰かを見ていることに気づいた木村は「誰とアイコン(アイコンタクト)してるの?」と相手を聞き出し、陸上部の部長である男子生徒を呼び出した。女子生徒、顧問、部長を揃わせると、「これ部長的にも大変だよね?」とまるでテレビ番組のようにその場を進行した。部長が「そういうんじゃないってわかってるんですけど、俺が部長としてしっかりしないと」とフォローすると、木村は「部長、陸上部を頼むよ?」と一言。最終的には陸上部の部長が「俺がこの学校を守ります」と宣言する事態になった。

まるで青春映画のような展開に、生徒たちは終始絶叫。自身の映画宣伝イベントのはずが、次々と面白いハプニングが生まれるシチュエーションを作り出す、木村の一流タレント力が発揮されたイベントとなった。