バニラチョコ風味のビールを注いだ「コーンショット バニラ」

写真拡大

神奈川県の地ビールメーカー「サンクトガーレン」は、コーンショット専門カフェ「Anywhere Door」とコラボしたオリジナルコーンショットを、4月28日(金)から5月7日(日)まで横浜赤レンガ倉庫で開催される「ヨコハマフリューリングスフェスト2017」で販売する。

【写真を見る】ワッフルコーンにビールを注ぎ、飲んで食べられるスイーツ「コーンショット」

コーンショットとは、コーンをチョコレートでコーティングし、コーヒーや紅茶、ウィスキーなどの飲料を注いでカップとして楽しむスイーツだ。このコラボでは、甘いフレーバー香るスイーツビール2種をコーンショットで提供する。

「コーンショット バニラ」(800円)は、チョコレートでコーティングしたコーンショットに、バニラチョコ風味のビール「スイートバニラスタウト」を注いだもの。ワッフルコーンのふちのカラースプレーチョコがカラフルだ。

「コーンショット オレンジ」(800円)は、オレンジを使用したフルーツビール「湘南ゴールド」を使用。マンゴーチップがアクセントになっている。

容器まで食べられることから「エコショット」とも呼ばれるスイーツと、地ビールのコンビネーションが横浜に登場。お祭り気分を盛り上げる、新感覚の一品だ。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】