写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の木村拓哉が25日、埼玉県・富士見高等学校で行われた、主演映画『無限の住人』(4月29日公開)の公開直前サプライズイベントに、共演の杉咲花、福士蒼汰、満島真之介、三池崇史監督とともに登場した。

本作は木村にとって『武士の一分』(06年)以来の時代劇主演となる作品で、百人斬りの異名を持つ不老不死の侍・万次を演じる。漫画家・沙村広明氏の同名漫画を原作に、三池監督がメガホンを取った。サプライズイベントの舞台は、万次の”不死身”という設定にちなんで、富士見高校が選ばれた。

高校生からの「この学校に入って目指す夢を見つけたんですが、どのようなきっかけで夢を見つけましたか?」という質問に、福士は「俺はこれしかないし、負けたくないし。そういう気持ちが出てきてから、夢が見つかったと思います」と答えた。福士から逆に「夢はなんなんですか?」と聞かれた女子生徒が「演劇」と答えると、木村が「オーディションしよう」と提案。急遽、女子生徒が壇上にあがることとなり、体育館は絶叫に包まれた。

木村はさらに「俺と真之介で壁やります!」と宣言し、映画の看板で壁を作った上で、福士の得意とする”壁ドン”をサポート。福士が「俺のこと、どう思ってる?」と演技を始めると、女子生徒は「かっこいいです……」と演技を忘れ答えていた。

フォトセッションでは、三池監督、福士、杉咲、満島の集合ショットに対して、タンクトップ姿でカメラマン側に現れ、メンバーの笑顔を引き出していた木村。イベント終了後は生徒たちが殺到しもみくちゃになったが、1人全く動じず、姿勢よく立ったままで周りの生徒とハイタッチするなど、スターの貫録を見せた。