画像

写真拡大

 シナラシステムズジャパンのDSP「シナラDSP」とSupershipが運営するSSP「Ad Generation」が連携を開始。これにより、シナラDSPのRTB買付が可能な広告在庫数は月間1,300インプレッション以上となった。

 シナラシステムズジャパンは、同社のDSP「シナラDSP」とSupershipが運営するSSP「Ad Generation」とのRTBによる広告配信の接続が完了したことを発表した。

 シナラDSPはAd Generationとの接続により、月間300億インプレッション以上のRTB買付可能な広告在庫数を拡充。すでに接続済みのAd Exchangeを含めると、月間1,300億インプレッション以上となる。

 同DSPで広告配信を行っている広告主は、多くの広告枠に対してRTBによる広告配信が可能になることで、精緻なターゲティングを行いながらも、より多くのユーザーにリーチすることが可能になり、広告効果の最大化が期待できる。

MarkeZine編集部[著]