ク・ヘソン、希少難治性疾患の子供たちのために寄付…“入院中に感じたことがあった”

写真拡大

女優ク・ヘソンが入院中に寄付を行った。

ク・ヘソンの所属事務所YG ENTERTAINMENT側は25日、OSENとの取材で「ク・ヘソンが病院に入院中に感じたことがあり、寄付をした。知られることを望んではいなかった」と伝えた。

ク・ヘソンは新村(シンチョン) セブランス病院に希少難治性疾患の子供たちのために1千万ウォン(約100万円) を寄付した。

ク・ヘソンは先月24日、アレルギー反応によって起こるアナフィラキシーショックで病院に入院し、29日に退院して通院治療を受けている。

“緊急入院”ク・ヘソン、昨日(29日) 退院… YGが病状を説明