ヨ・ジング&キム・ガンウ主演ドラマ「サークル」現在と未来を盛り込んだ“ダブルトラック”のポスター公開

写真拡大

tvN初のSF追跡劇「サークル:繋がった二つの世界」の公式ポスターが公開された。繋がった二つの時代、現在と未来が一緒に盛り込まれているいわゆる“ダブルトラック”のポスターが視線を集中させた。

「サークル:繋がった二つの世界」(演出:ミン・ジンギ、脚本:キム・ジニ、ユ・へミ、リュ・ムンサン、パク・ウンミ) は、2017年と2037年の二つの時代の韓国を背景にしているSF追跡劇だ。tvNが初めて届けるSF追跡劇であり、毎回斬新な題材の作品を届けてきたtvNの新しい挑戦として、制作前から多くの関心を受けている。

「サークル」は、一人の人物が現在と未来を行き来するタイムスリップではなく、2017年、2037年の二つのストーリーが1話の中で一緒に展開される。劇中の二つの時代はそれぞれ異なっていながらも繋がっているため、いわゆる“ダブルトラック”形式の新しいドラマだと言える。公開された公式ポスターでも現在と未来の二つの時代が繋がっているダブルトラックのコンセプトが盛り込まれている。

まず、ヨ・ジングとコン・スンヨンは2017年を背景にしている「パート1:ベータプロジェクト」で大学生として登場し、共演する。ポスターでヨン・ジング(キム・ウジン役) は切ないカリスマ性が感じられる表情で相手を見つめており、コン・スンヨン(ハン・ジョンヨン役) はミステリアスな眼差しで正面を見ている。果たしてこの2人の大学生がどんな未知の存在によって予測できない事件に巻き込まれるか、関心を集めている。

2037年の未来社会を背景としている「パート2:すばらしい新世界」では、キム・ガンウとHighlightのイ・ギグァンがそれぞれ異なる魅力をアピールした。一般地区のベテラン刑事キム・ガンウ(キム・ジュンヒョク役) は、近づくこともできない強靭なカリスマ性を誇った。高度の技術で建設されたスマート地区の市役所に務める公務員として登場するイ・ギグァン(ホス役) は、本音を予測できない薄い笑顔を浮かべた。

「サークル:繋がった二つの世界」は韓国で5月22日に第1話が放送される予定だ。