金寛鎮・国家安保室長(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長(閣僚級)は25日、北朝鮮による砲撃訓練の実施を受けて安全保障懸案の点検会議を主宰し、軍合同参謀本部から状況報告を受けた上で軍の備えを点検した。青瓦台が伝えた。

 北朝鮮は朝鮮人民軍創建85年の記念日に当たるこの日、東部の江原道・元山付近で長距離砲など300〜400門を動員して過去最大規模の砲撃訓練を行っている。合同参謀本部は「韓国軍は北の軍の動向を注視しており、揺るぎない備えを維持している」と伝えた。
tnak51@yna.co.kr