尹炳世長官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は25日の記者会見で、尹炳世(ユン・ビョンセ)長官が28日(米東部時間)に米ニューヨークで開かれる国連安全保障理事会の北朝鮮核問題に関する閣僚級会合に出席すると明らかにした。

 趙報道官は会合について、「(安保理の)15理事国と韓国が出席して開かれる。安保理史上初めて特定の国の非核化問題を扱う閣僚級会議」と説明した上で「尹長官は北の核とミサイル開発が国際社会の平和と安全に対する差し迫った重大な脅威であることを強調し、安保理が先制的、能動的に対応する必要性を強調する」と述べた。
 尹長官は国連のグテレス事務総長やキッシンジャー元米国務長官とも会談し、北朝鮮核問題の解決に向けた国際社会の対応策について協議する。
ikasumi@yna.co.kr