写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドスパラは21日、映画館のような立体3Dサウンドを体感できる3Dイヤホン「DN-914800」を、同社運営の「上海問屋」で発売した。価格は税込2,499円。

360度方向から音が聴こえる、映画館のような立体3Dサウンドを体感できる3Dイヤホン。たとえば映画のサウンドでは、背後から拳銃で撃たれるシーンで銃声が後ろから聴こえるなど、臨場感のある音声を楽しめる。映画のほか、ライブやゲーム、VRなどに適するとする。

ハウジングはプラスチック製で、10mmのダイナミックドライバ×1基と6mmETLモジュール×1基を搭載。HDSS技術により、歪みのない正確で自然なサウンドを出力する。

再生周波数帯域は10Hz〜22kHz。インピーダンスは64Ω。感度は113dB。ケーブル長は約1.2m(Y型)。イヤーピース(S/M/L)、エスニック調のイヤホンケースが付属する。

(リアクション)