チョ・ジェユン、FNCエンターテインメントと再契約を締結

写真拡大

俳優チョ・ジェユンがFNCエンターテインメント(以下FNC) と再契約を締結した。

25日、FNCは「チョ・ジェユンと今後も共にしていくことにした。今まで通りチョ・ジェユンの心強い支えになり、彼のポテンシャルと才能を思いきり発揮できるよう、積極的なサポートを惜しまない予定だ。大いに期待と関心を寄せてほしい」と伝えた。

2003年、映画「英語完全征服」でデビューしたチョ・ジェユンは、これまでコメディ、犯罪、ドラマ、アクションなど、ジャンルを問わず自身の個性を生かした演技を披露し、シーンスティラー(scene stealer:映画やドラマで素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味する) の代表らしい活躍を展開してきた。

特に昨年、彼はKBS TV「太陽の末裔」で国民的な憎らしいキャラクターを演じて存在感を放ち、今年上半期にはSBS「被告人」と映画「ザ・プリズン」で活発な活動を展開し、大きな関心を集めている。

さらに彼は映画「父の戦争」「犯罪都市」、OCN「助けて」まで、3作の次期作を確定しており、当分テレビとスクリーンを行き来しながら活動していく予定だ。

FNCはチョ・ジェユンをはじめ、チョン・ジニョン、パク・グァンヒョン、イ・ドンゴン、チョンウ、ユン・ジンソ、ソンヒョク、キム・ミンソ、パク・ドゥシク、チョン・ヘイン、チョン・ヘソン、クァク・ドンヨンなどの俳優が所属している。