写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トークノートは4月25日、社内SNS「Talknote」の新機能として「Taskbot」を追加した。同機能は、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)としての継続的な改善も視野に入れた、業務の生産性向上に貢献する機能だ。

今回は、バックオフィス系部門で発生する定型業務の自動化への取り組みとして、定期的なタスクの自動生成(業務依頼)やリマインドなどの自動化が可能となる。長期的には人工知能(AI)を活用することで、受け手の特性に応じた最適化を実現していくという。

業務の効率化による生産性の向上は、業種や規模を問わずあらゆる企業が取り組むべきテーマである。特に時間や場所に制約されない多様な働き方を実現するためのワークスタイル変革を推進するには、生産性の向上への取り組みが不可欠だという。また、技術の進歩により、RPAと呼ばれる業務自動化の概念も広がっている。

そのような中、トークノートでは、「人は、人にしかできない仕事に集中する」というコンセプトのもと、組織拡大にともない増大するバックオフィス系業務の効率化、抜け漏れの防止への取り組みを開始した。

Taskbotは、Talknoteのタスク管理機能を応用し、総務や経理といったバックオフィス系部門の生産性向上へ貢献するため、日次、週次や月次といった定期的に発生する業務の依頼、提出物回収のためのリマインドなどを自動化する機能。

例えば、交通費や経費の精算など毎月発生する依頼業務について、設定したタイミングで継続的にタスクを自動生成する、依頼した提出物を漏れなく回収するために、タスクが完了するまで自動的に継続リマインドができる、長時間労働の抑制のため、毎日決まった時間に注意喚起のメッセージを送る、といったことが行える。

今後は、RPAによる業務自動化の機能や、蓄積されたコミュニケーションデータを活用することで人や組織の問題を解決する機能を充実していく。人工知能(AI)の活用により、これまで人の目だけでは把握しきれなかった個人や組織のコンディションを把握し、離職防止や組織強化へ繋げていくための機能開発を積極的に進めていくという。

(山本明日美)