イルカはトリトン王の戦車を引く ©Disney

写真拡大

東京ディズニーリゾートでは、スペシャルイベント「ディズニー・イースター」が開催中(2017年6月14日まで)です。

【写真22枚】TDSディズニー・イースター&イルカ フォトギャラリー

東京ディズニーランドでは、うさたま大脱走が人気ですね。

一方、東京ディズニーシーには、2015年に開催され、好評を博したファッショナブル・イースターが帰ってきました。

2015年には、キャストが被るイースター・ボンネットを探して、楽しんだ方も多いことでしょう。

では、今年は何を探しましょうか。

東京ディズニーシーには、海にちなんだ装飾がたくさんありますね。

中でも、イルカは表現にバリエーションがあるため、イルカと分かりにくいことがあります。

この際、イースターの装飾を堪能しながら、イルカ探しに挑戦しませんか。

イースター・バニーに勝るとも劣らず、イルカもジャンプが得意です。

追って行ったら、海のイースター・エッグが見つかりそうですよ。

海の神獣イルカ

ヨーロッパ大陸では、古来より、イルカは神獣とされてきました。

ギリシャ・ローマ神話にも、登場しますね。

東京ディズニーシーでは、古典的なイルカ装飾も、写実的なイルカ装飾も、両方見ることができます。

ファッショナブルイースターのフラグに囲まれたディズニーシー・プラザから、ミッキーとミニーのイースター・エッグが迎えてくれる、ミラコスタ通りの華やかな装飾を潜り抜けると、メディテレーニアンハーバーです。

メディテレーニアンハーバーのフォトスポットには、ファッショナブルなミッキーとミニーのイースター・エッグもありますよ。

古典的なイルカ

魔除けのイルカ

ワゴンの垂れ幕も、イースター・ボンネットで飾られています。

花とイースターエッグで飾られたミッキー広場から、運河を目指して歩いてみましょう。

ゴンドリエ・スナックの上方、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの壁を見上げてみてください。

二匹の魚が絡み合ったようなレリーフがあります。

魚のようですが、実は、古典的なイルカの表現なのです。

ナマズに、ドナルドダックのくちばしが付いたような姿ですね。

イタリアンルネサンス・スタイルの装飾が、メディテレーニアンハーバーの特徴です。

ルネサンス期のイタリアで、イルカを見たこともなかった人々が、人づてに聞いた話から、イメージを膨らませた姿なのでしょう。

ちなみに、二頭(二匹)ないし双頭の動物が外を向いているのは、見張り、つまり魔除けの意味があります。

パラッツォカナルのイルカたち

次は、ゴンドリエスナックから、奥のパラッツオカナルに足を伸ばしてみましょう。

雨どいの装飾など、古典的なイルカたちが迎えてくれますよ。

運河沿いにある、イースターの花々も楽しみながら、是非、探してみてくださいね。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのイルカたち

時間があったら、フィガロズクロージアー脇を抜け、ミッキー広場を横切って、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにも入ってみましょう。

ホテル&パーク・ゲートウェイから入れます。

屋内のイースター飾りも美しいですね。

ロビー階の化粧室に行くと、古典的なイルカの姿をした、洗面台の蛇口を見ることができます。

蛇口のデザインとしても、ファッショナブルですよね!

また、ミッキランジェロ・ギフト脇にある、エレベーターホールの床には、マーブル・モザイクが施されています。

葉が生い茂ったような、スクロール模様の中に、魚のようなイルカの姿を、見ることができますよ。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのメインエントランス

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの正面玄関前には、イルカがデザインされた噴水があります。

一番上で水を吹き出しているのがイルカです。

シャチホコのような姿ですね。

鎮火のお守りだったシャチホコと、シルクロードでつながっていたかもしれませんよ。

水のあるところ、イルカあり

ホテル&パーク・ゲートウェイから、メディテレーニアンハーバーに戻りましょう。

イル・ポスティーノ・ステーショナリーから小径に入って、のんびり歩いてみませんか。

春の花々と小さな泉が、ヨーロッパのイースターらしさを感じさせます。

そして、泉のような水場には、イルカもいますよ!

ルネサンスの庭へ

水道遺跡のイースター飾りを眺めながら、小径を直進していくと、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ脇の階段で、ファッショナブルなイースター・エッグがいくつもみつかります。

眺めてまわり、再び水道遺跡沿いに直進したら、要塞に到着します。

通りすがりの噴水も、見て行きましょうね。

魚のような、ドラゴンのような生き物も、イルカです。

ウロコや背びれなどがあり、ドラゴンのようですね。

大雑把な目安ですが、手足があったらドラゴン、というのも手掛かりになります。

フォートレス・エクスプロレーションやマゼランズでも、探してみてくださいね。

科学技術の結晶にも?!

プロメテウス火山をくぐり抜けると、ミステリアスアイランドにたどり着きます。

ノーチラスギャレー前に停泊中の、キャプテン・ネモの潜水艦が、海の化け物と間違われた異様を誇っていますね。

もしかすると、古典的なイルカの姿が、元になっているのかもしれませんよ。

写実的なイルカ

では、ミステリアスアイランドから、マーメイドラグーンに抜けて、トリトンズ・キングダムに入ってみましょう。

入り口で、トリトン王の乗り物(戦車)を引いているのは、誰が見てもそれと分かるイルカたちですね。

メディテレーニアンハーバーとは、全然違う表現です。

なにせ、ここはイルカの棲み家で、誰もがイルカを身近に見ることができますからね。

また、トリトン王の下半身は、魚とも、イルカとも言われています。

そうそう、トリトン王の「トリ」は数字の3を意味しますよね。

大地を取り巻く第三のもの、海を示すのだとか。

東京ディズニーシーにぴったりの守護神ですね!

トリトン王にご挨拶したら、海底世界で遊びながら、イルカ探しができますよ。

オプショナル・イルカ・ツアー?

余力があったら、向かいのアラビアンコーストを見渡しながら、ロストリバーデルタ経由で、ポートディスカバリーまで足を延ばすのもおススメです。

ロストリバーデルタでは、ホセ・キャリオカとパンチートが、ウサギのステラ・ルーのマネをしてくれるかもしれませんよ。

ポートディスカバリーでは、2017年5月12日にオープンする、ニモ&フレンズ・シーライダーも楽しみですね。

アトラクションに、イルカが登場するかは分かりませんが、無駄足はさせませんよ。

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ乗り場に行きましょう。

乗り場にある壁画には、ジャンプするイルカたちも描かれています。

そのまま、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイに乗って、、アメリカンウォーターフロントまで来たら、ほぼパークを一周ですね!

ウォーターフロントパークのアトモスフィア・エンターテイメントや、都会の華やかなイースターを楽しみながら、メディテレーニアンハーバーに戻ってきます。

さて、イルカは何頭みつけられましたか?

そうそう、「ファッショナブル・イースター」で活躍中の水上バイクも、イルカ形でしたね!

パークには、イルカが隠したかは定かではありませんが、ファッショナブルなイースター・エッグもたくさんありますね。

では、ハッピーイースター!