ランボルギーニ「ウラカン」のハイパフォーマンスモデル「ウラカン ペルフォマンテ」のコンバーチブルモデルとなる「ウラカン ペルフォマンテ スパイダー」を捉えました。

VWニュルブルクリンク・テスト施設でキャッチしたプロトタイプは、エアプリッターを持つアグレッシブなフロントバンパー、サイドのエアインテーク、リアデュフューザーなど、高性能な冷却効果とダウンフォースを生むエアロキットが剥き出しのほぼフルヌード状態です。

フロントのエアダクトから取り入れた空気をリアダクトまで一気に流す、ALA(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティヴァ)製アクティブ・エアロ・アジェンダを擁し、クーペより約50kgの軽量化が予想されます。

パワートレインは、最大馬力631psを叩き出す5.2リットルV型10気筒を搭載、ニュル最速ラップを記録したクーペに続き、スパイダー世界最速を狙い2017年9月のフランクフルトモーターショーで登場が期待されています。

(APOLLO)

ニュル最速オープンの座を狙う、ランボルギーニ・ウラカンの最強スパイダー「ウラカン ペルフォマンテ スパイダー」(http://clicccar.com/2017/04/25/465155/)