酷い! 欧州ラブドール風俗店に“緑ツインテ”の…

写真拡大

ヨーロッパに、日本で言うところの“ラブ・ドール”との疑似恋愛が楽しめる風俗店がオープンし、またひとつSFの世界に近づいたと話題を呼んでいる。

「Lumi Dolls」というスペインの会社が、人間と見間違えるような精巧にできた“ラブ・ドール”を開発。ぽってりとした唇と大きな胸をもった欧州女性モデルや、日本のアニメファン愛好家のために、ヘッドセットに青緑のツインテールを持ったまるで有名ボーカロイドのようなドールなどを揃え、バルセロナの歓楽街にお店を出店した。そして先日、今度はイギリスへの進出を果たしたという。

英国の専門家によれば年々サイボーグ愛好家は増え続けており、現実の女性とはしないような「セクシャル・ファンタジー」が合法的に行われるために人気を得ているとのこと。

ネットでは「きっとこの手のロボットはホットケーキのように馬鹿売れすると思う」「女性のためのロボットはないの?」「うん。変だ」「結婚制度の終焉だね」「かわいそうなロボットたち」「ボーカロイドがセクサロイドになってる…」といった様々な反応が寄せられているようだ。